マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

コラム一覧

RSS

住宅の健康③~結露が住宅の寿命を短くした? その1

住宅の健康③~結露が住宅の寿命を短くした? その1

2021-07-20

A氏の本では、②に書いたように日本の家が26年しか持たない理由は低気密低断熱の家を作ったためで、そのために内部結露で家が傷み日本の住宅は寿命が短くなったと書かれていました。また、内部結露の説明も「暖か...

住宅の健康②~日本の住宅の寿命について

住宅の健康②~日本の住宅の寿命について

2021-07-13

A氏の本には、こんな事も書かれていました。高気密高断熱住宅にしておけば、住宅も長持ちする、日本の住宅が26年と短命なのは低気密低断熱のためと書かれていました。本の中では、アメリカは60年、ドイツは80年...

住宅の健康①~タイトルについて

住宅の健康①~タイトルについて

2021-07-06

タイトルは「住宅と健康」ではありません。「住宅の健康」についてです。最近の省エネ住宅の本を読むとこのように書いてあります。「高気密高断熱住宅を作れば住宅内の温度差がなくなるため、住む人も健康に暮...

ヒートショックではない⑥~余談 ヒートショックは温暖地に多い?その2

ヒートショックではない⑥~余談 ヒートショックは温暖地に多い?その2

2021-06-29

前回の続きです。この本の作者が厚労省のデータを読み間違えてしまったのかとも思いましたが、他にも書いてあったこと(次の段落からの内容)からも、「高気密高断熱の家を作り、室温を一定に保たなくてはいけなら...

ヒートショックではない⑤~余談 ヒートショックは温暖地に多い?

ヒートショックではない⑤~余談 ヒートショックは温暖地に多い?

2021-06-22

昨年読んだある会社の本にはこう書かれています。日本の家は冬の室温が低いため寒さで健康を損ね、寒さで命を失う数が増えていますと書かれていて、その理由は「ヒートショック」とされています。しかも「寒さ...

ヒートショックではない④~ヒートショックが原因になった訳は

ヒートショックではない④~ヒートショックが原因になった訳は

2021-06-15

もしもヒートショックでたくさんの人が亡くなっていたら、昔から日本の家が寒いことが問題になっていたはずです。でも言われだしたのは90年代から、③に書いたようにアルミサッシの普及とともに、すきま風が無くな...

ヒートショックではない③~昔の家のほうが寒かった

ヒートショックではない③~昔の家のほうが寒かった

2021-06-08

室内の温度差(ヒートショック)で人が亡くなることについては、少し変だなと思っていました。日本の昔の家は今の家よりももっと寒かったはずだからです。コラム「冬向きの家⑤参照)」に書きましたが、日本の家...

ヒートショックではない②~記事の内容

ヒートショックではない②~記事の内容

2021-06-01

記事の詳しい内容は、厚労省が2012年10月から翌年の3月まで、東京、山形、佐賀で入浴に関する場所(浴室内、脱衣場など)で119番が要請された4593件について調べました。そのうち1528人は死亡(救急車の要請の時...

ヒートショックではない①~週刊新潮の記事から

ヒートショックではない①~週刊新潮の記事から

2021-05-25

週刊新潮の2020年12月24日号の記事「風呂場の死亡事故はヒートショックではなかった!」を読んだときには正直驚きました。ヒートショックとは急激な温度変化に伴う体調不良のことです。一般に言われている風呂...

高断熱の前に結露対策⑭~現場で外壁業者との会話3

高断熱の前に結露対策⑭~現場で外壁業者との会話3

2021-05-18

今回は②のつづきです。私 「本当は、室内側の壁で結露すると思っていて、外壁のサイディングがあのようになるとは考えていなかった。」業者A「違う場所で結露するのですか。」私 「内壁側でね。起きているか...

高断熱の前に結露対策⑬~数字で表しているのは室内の温熱環境だけ

高断熱の前に結露対策⑬~数字で表しているのは室内の温熱環境だけ

2021-05-11

国は28年の改正で「外皮計算」という屋根(天井)、外壁、1階床(基礎)の部分別に計算して家の省エネ性能を表すようにしました。国の基準を満たすのは簡単で、性能のいい断熱材と断熱性能の高いサッシをはめればクリ...

高断熱の前に結露対策⑫~昔は壁の内部結露はなかった

高断熱の前に結露対策⑫~昔は壁の内部結露はなかった

2021-05-04

日本中の家が、昭和の30年代、40年代頃までは壁は土壁でした。高度成長期になり、核家族化が進みたくさんの家が建てられるようになると、時間のかかる土壁は敬遠され、壁の中に50ミリ程度の断熱材をいれるように...

高断熱の前に結露対策⑪~家の中は…

高断熱の前に結露対策⑪~家の中は…

2021-04-27

今回のコラムは「コラム夏方結露⑫(夏型結露⑫参照)」と内容と重なります。カビが生えるとその胞子が、どこからか家の中に入っていき人に害することが考えられますが、当初は気密が高ければ家の中へは入りにくい...

高断熱の前に結露対策⑩~結露すると住宅はどうなる

高断熱の前に結露対策⑩~結露すると住宅はどうなる

2021-04-20

今回のコラムはコラム「夏方結露⑭(夏型結露⑭参照)」と内容と重なります。壁の材料として、木材、サイディング、断熱材が考えられます。木材は腐朽菌が発生すれば傷んでいきます。柱や土台が傷めば家の外周の主...

高断熱の前に結露対策⑨~横張りサイディングの方が結露しやすい

高断熱の前に結露対策⑨~横張りサイディングの方が結露しやすい

2021-04-13

③に書いた共通事項にサイディングの横張が多いことを書きました。私が見た①のような状態になっている家は横張りサイディングばかりでした。その理由は最近の家がたて張りよりも横張りが多いためかもしれません...

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ