マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

コラム

基礎の高さについて①~25年前に建てた家からの電話その1

2020年7月21日

テーマ:住宅の工法

コラムカテゴリ:住宅・建物

先日、25年程前に建てたAさんら電話がありました。

Aさん「建ててもらった家の基礎の周りの土が下がっている…。」
私  「急にでしょうか?」
Aさん「ここ数年で…。」

20年以上、問題なかったのに、この数年で地盤沈下した?…理由は全くわからないのでとにかく「見に行きます。」と言って電話を切りました。

現場に行くと一つの敷地に、私が建てた平屋の家とAさん夫婦が数年前に建てた住宅メーカーの2階建ての家が建っていました。

私が建てた家の基礎の際の土が確かに下がっています。数年前に住んでいたAさんのお母さんが亡くなられたので私が建てた家は、それからは使っていないという話でした。

基礎の高さ①

最近は使っていないのなら関係はないと思いましたが、土が下がった側に流し台、洗面、浴室の下水配管が配管されていたので、配管からの水漏れかなと思い、下水桝のふたを開け、水を流してみました。どれもスムーズに水が流れていきます。下水管には問題がなさそうです。

給水管かなと思い、水道メーターのボックスを開けて確認しましたが、水は漏れていないようでした。水漏れではないとすると…どうして下がったのか?…。

次回は、『 基礎の高さについて②~25年前に建てた家からの電話その2』です。


---------1955年以来の信頼と実績---------------------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
-------------------------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share

関連するコラム

鈴木敏広プロのコンテンツ