マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

合板の使われ方⑦~経験談その2 最近の床工事

2019年12月3日

テーマ:材料について

コラムカテゴリ:住宅・建物

前回に続き床下の話です。

最近は、基礎工事の後、1階の床に合板を捨て張りしてから1階の壁、2階、屋根工事へと進める業者が多くなっています。私は屋根ができていないのに床工事をすることに問題があると思っています。

2,3年前に1階の床だけができた状態で数日間、雨が降った家を見たことがあります。シートも張っていませんでしたから、合板は水浸しでした。雨が上がったらそのまま上部を建てていましたから、合板に含まれた水分は完全に乾燥することなく工事は進み完成したと思います。

合板の使われ方⑦

完全乾燥していなければ剥離し合板の強度が下がる可能性があること、また、合板に含まれた水が施工中に乾かなければカビなどの原因になります。

最近は、上記のような床を張ったときにブルーシートで囲い、雨が掛からないようにしている家が多いようですが、それでも雨の多い日本で床工事を先行することはリスクが大きいと思います。

次回は、『合板の使われ方⑧~野地板を合板にするリスク』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share
関連するコラム

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ