マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

住宅の収納について家②~押入

2019年5月17日

テーマ:住宅の収納

昔は収納といえば押入でした。中はほとんど同じで腰の高さに棚を一段、あとは天袋か枕棚を付けました。天袋は高さが高く踏み台などを使わないと出し入れができません。入れたら入れっぱなしになるため最近は枕棚が多くなりました。私も最近は天袋を作ったことがありません。

昔は部屋ごとに押入がついていましたから、その部屋に必要な物を収納するようにしていました。中に入れる物はまず布団、その他は物を箱に入れるなどして分けて収納していました。

棚が一段しかないため工夫して使っていました。私の母などは段ボール箱だけでなく小さな引出しの家具などを入れたり、釘を打って何かを掛けられるようにして整理していました。棚板を吊っていた記憶もあります。

最近は知りませんが、昔はホームセンターには押入にちょうど入る収納がたくさん売られていました。押入の中段に丁度入る高さ、奥行きで商品が売られていたのです。押入の中が単純な棚だけ、どの押入れも奥行きは同じだったため、いろいろ工夫して使うことができたのです。

収納について②

次回は、『住宅の収納について家③~広告のプランから 』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share
関連するコラム

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ