マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

住宅の収納について家④~クローゼットの戸

2019年5月24日

テーマ:住宅の収納

広告のクローゼットの戸は引き戸ではなく、観音開きと折戸でした。

押入れの戸が引戸の場合どちらか一方(幅の半分)しか見えませんが、観音開きは開けば中がすべて見えるようになります。

観音開きでは戸が2枚までしかできませんから、戸幅が大きいと使いにくくなります。幅が大きくても観音開きのように、開けたら中がすべて見えるような戸が折戸です。折戸の戸は開けていくと、戸は両側に折りたたまれ中が全て見ることができます。

収納について④-1

実は私は折戸には苦い経験があります。
20年以上前に、建材メーカーが折戸を商品として売り出した頃のことです。折戸は動き方が複雑なため建具職人が作るのは大変で金額が高かったのですが、メーカーは工場で作ることでコストを下げて販売したのです。私もこの値段で折戸ができると思い、リフォームで押入の引戸を折戸に変える工事をしたのです。

工事が終わって数ヶ月後、リフォームした施主の方にこう言われました。
「戸を変えてからホコリがたくさん入る。以前はこんなにホコリが入らなかった。」

折戸は戸が繋がって動くので重くなるため戸を吊って(軽くして)います。吊っているため戸の下に隙間があり、その隙間からホコリが入ったのでした。

それ以後、折戸は全開できるがホコリは入りやすいことを説明しています。基本は引き戸を勧めています。ホコリが入りにくいことと壊れにくく(折れ戸は複雑なため壊れやすいのです)、何より安価です。


収納について④-2

次回は、『住宅の収納について家⑤~シューズクロークの戸』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share
関連するコラム

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ