マイベストプロ東京
内藤明亜

経営危機に直面した経営者を支える経営危機コンサルタント

内藤明亜(ないとうめいあ) / 経営コンサルタント

内藤明亜事務所

コラム一覧

RSS

【改定】 個人の破産 自己破産

2020-04-01

※ このコラムは、2015年11月16日 にエントリーしたものだが、より分かりやすくするために2020年3月31日に改定をした。個人の破産を〝自己破産〝というが、破産者自らの申し立てによる破産は、個人だけでなく、...

【改定】 倒産処理と弁護士

2020-03-06

※ このコラムは、2016年5月2日 にエントリーしたものだが、より分かりやすくするために2020年3月16日に改定をした。倒産処理に弁護士は不可欠だ。わたしは、倒産処理のコンサルタントとして24年間で900件を超...

【改定】 倒産の原因(間接的原因と直接的原因)

2020-02-29

※ このコラムは、2018年10月9日 にエントリーしたものだが、より分かりやすくするために2020年3月1日に改定をした。倒産とは、債務超過に陥って支払いや返済ができなくなり、事業の継続ができなくなる状態だ。...

【改定】 破産しても代表取締役になれる

2020-02-16

※ このコラムは、2018年10月9日 にエントリーしたものだが、より分かりやすくするために2020年2月15日に改定をした。会社が倒産してその代表取締役だった社長が個人破産(自己破産)をしたら、もう二度と社長にな...

【改定】 倒産の実態 M&A詐欺が横行しはじめているらしい

2020-02-01

※ このコラムは、2016年3月1日 にエントリーしたものだが、より分かりやすくするために2020年2月1日に改定をした。先日、不思議な相談があった。ある会社が、その会社を買い取りたいのだが、売る気はあるかと...

【改定】 プレイング・マネージャの悲哀

2020-01-15

※ このコラムは、2016年7月1日に作成したものだが、より正確を期すために 2020年1月15日に改定した。小規模零細企業経営者のほとんどが[プレイング・マネージャー]です。“仕事師”として、[営業]や[企画...

【改定】 経営危機コンサルタントの費用

2020-01-01

※ このコラムは、2015年9月21日 にエントリーしたものだが、より分かりやすくするために2020年1月1日に改定をした。「弁護士や経営危機コンサルタントの無料相談に何回か行ったことがあるが、第一回目では満足...

【改定】 経営危機管理コンサルタントのある一日

2019-12-01

※ このコラムは、2015年8月24日 にエントリーしたものだが、似たようなケースがあったので2019年12月1日に改定をした。前日夕方に電話があった。 「以前にいろいろ相談にうかがった者ですが、どうにも資金不足...

【改定】 倒産処理を甘く見るな

このコラムは、より判りやすくするために2019年11月15日に改定した。事業経営者が事業の継続ができなくなり、刀折れ矢尽きて倒産するのは、死んでしまいたいほど悔しいものだ。思い出したくないが、わたしにも...

【改定】 100の倒産あれば、100の決着がある

※ このコラムは、2016年3月8日に作成したものだが、より正確を期すために 2019年11月1日に改定した。いままで800件近くの倒産処理のお手伝いをてきたが、どれとして同じ倒産の決着はなかった。負債総額が違う...

【改定】 役立たずの弁護士が、五人も…

2019-10-16

※ このコラムは、2015年8月31日 にエントリーしたものだが、より判りやすくするために2019年10月16日に改定をした。以下は、去る日相談に訪れた依頼人から聞いたはなしである。 東京に隣接している県の建設...

【改定】 (根)抵当権設定の不動産の売却はできるのか

2019-10-01

このコラムは、2016年11月21日 にエントリーしたものだが、より判りやすくするために2019年10月1日に改定をした。この問題も、[100のケースがあれば100の解決法がある]のであり、単純な問題ではない。以下、...

【改定】 法人の破産と(社長)個人の破産

2019-09-01

このコラムは、2016年3月21日 にエントリーしたものだが、より判りやすくするために2019年9月1日に改定をした。同じ[破産]にも、[法人の破産]と[個人の破産]がある。この違いはどこにあるのか。破産とは、...

【改定】 抵当権と根抵当権

2019-08-16

このコラムは、2015年4月13日にエントリーしたものだが、より判りやすくするために2019年8月16日に改定をした。この二つは法律論的にはいろいろ複雑な問題があるようだが、金融機関と小規模零細企業の債権債務...

【改定】 偏頗弁済(へんぱべんさい)とは

2019-08-01

このコラムは、2016年6月27日にエントリーしたものだが、より判りやすくするために2019年7月15日に改定をした。破産申立てに際して、偏頗弁済は認められない、とはよく言われていることだ。具体的にはどうい...

この専門家が書いたJIJICO記事

フランチャイズ(FC事業)は今どうなっている?

フランチャイズ(FC事業)は今どうなっている?

2018-08-06

アメリカで生まれ、発達してきたフランチャイズというビジネスモデル、日本ではコンビニや飲食産業で大きく発達しています。しかしコンビニでは加盟店が過酷な目標を設定されるなど問題が起こっているケースもあるようです。参入にあたっては、事業予測をしっかり立てて考えるべきでしょう。

株式会社から合同会社への“移行”、その背景や目的は?

株式会社から合同会社への“移行”、その背景や目的は?

2018-05-21

新しい会社法では、株式会社と合同会社しか選べなくなりました。合同会社は設立の簡便さばかりが強調されますが、株式会社のデメリットを超えて、合同会社への移行(改組)の流れもあるようです。

『幸楽苑』が『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーになった意味とは?

『幸楽苑』が『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーになった意味とは?

2017-11-22

飲食業で店舗の無限拡大を効率的に展開するには、ロイヤリティの出費リスクがあってもフランチャイジーになる道が選ばれている。

倒産数は3割減 発表される統計数字の裏にある実態は?

倒産数は3割減 発表される統計数字の裏にある実態は?

2016-08-28

参院選前、安倍総理は「倒産は3割減った」と言いました。しかし、発表される倒産件数に含まれていない負債総額の小さいものや廃業などの数を踏まえると、実態経済はそこまで改善されているわけではないと推測される。

最近の倒産・廃業事情を考える かつてないほど低い水準の開業率

最近の倒産・廃業事情を考える かつてないほど低い水準の開業率

2016-04-21

近年、開業率と廃業率の差がかつてないほど拡大しています。地方の小規模企業の領域を全国的大企業が浸食していることで開業率の低下と廃業率の上昇を招いていると専門家。

JTが飲料事業から撤退、英断か?

JTが飲料事業から撤退、英断か?

2015-02-11

JTが飲料製品の製造販売事業から撤退すると発表。小規模零細企業においては事業撤退が経営危機に直結する道となることが多い。JTの撤退は「順応するための変化」のひとつの現れであることを願うと筆者。

1万件を割った企業倒産数、発表に隠された真実

1万件を割った企業倒産数、発表に隠された真実

2015-01-29

東京商工リサーチは、2014年の全国企業倒産件数が24年ぶりに1万件を下回ったと発表した。しかし、この数値は現実との乖離が激しい。その理由と、倒産数が近年の景気とどんな因果関係にあるか専門家が解説。