まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
二上昌弘

墓石から供養まで安心して任せられるお墓ディレクター

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

お電話での
お問い合わせ
0120-333-888

コラム

誰のための「終活」か

終活のこと

2016年4月18日 / 2017年9月21日更新

皆様、こんにちは。
今回は「終活」を誰のために行っていくのか、というお話をしていきます。

家族のため、のはずが・・・


終活というものは、自分がこの世から旅立った後、残された家族が色々と困らないように、あらかじめ準備をする事が、一番の目的になります。家族を亡くした時、悲しみに暮れる間もなく、色々と対応しなければならない事柄があります。葬儀のこと、遺産のこと、お墓のこと・・・これらのことを短い時間の中で決めていかなければなりません。そういった遺族の負担を軽減したい、という想いから、終活について考え始めた、活動を始めたという方が多いと思います。

ところが、「家族のためを思って」が、一人歩きしてしまうと、かえってトラブルになってしまう事もあるのです。

コミュニケーションをしっかりと


「家族に迷惑をかけたくないから、葬儀はいらない」「お墓もいらない」と、おっしゃる方がいらっしゃいます。そのお気持ち自体はご立派ですが、果たして、後に残るご家族が「ひたすらシンプルなエンディング」を望んでいるのかどうか。迷惑をかけない(費用をかけない)ようにするんだから、きっと賛成してくれる、文句なんて言うはずが無い、と、勝手に思い込んで、色々なサービスを予約してしまう方がいらっしゃいます。
例えば、「家族のためを思って」ご自身が亡くなった時の散骨を予約した方がいたとします。ところが、ご当人が亡くなり、いざという時になって、遺族の方から「やっぱり散骨だと味気なくて困る」「どこにお参りして良いか分からないのが落ち着かない」と
散骨を拒否したい、という声が上がる場合があるのです。ご当人の遺志を尊重したい気持ちと、自分たちの今後の供養のことを考えて、どうすれば良いか分からなくなってしまうこともあるのです。

「終活」は、自分自身だけの問題ではなく、ご家族全員の問題です。ご家族のためだったはずが、自分本位になってしまっては、本末転倒です。しっかりコミュニケーションを取り、意思の疎通を図っておくことが何よりも大事です。

次回は終活を始める際の心構えについて書きます。

☆今まで綴ったコラムをまとめてあります。

ジャンルごとコラムまとめ

お墓・終活についてのご相談は、

公式サイト http://futakamiya.co.jp
メール info@futakamiya.co.jp
フリーダイヤル 0120(333)888

まで、お気軽にご連絡下さい。

この記事を書いたプロ

二上昌弘

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

二上昌弘プロのその他のコンテンツ

Share

二上昌弘プロのその他のコンテンツ