まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
二上昌弘

墓石から供養まで安心して任せられるお墓ディレクター

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

お電話での
お問い合わせ
0120-333-888

コラム

エンディングノートを記す際の心がけ

終活のこと

2016年4月23日 / 2017年9月21日更新

皆様こんにちは。
今日は、エンディングノートを記す際、どんな事を考えるべきか、その心がけについて書いていきます。

エンディングノートはメッセージ


エンディングノートとは、後に残るご家族や知人の方に対するメッセージを書き留めるものです。もちろん、ご自身の備忘録的な使い方も出来ますが、基本的には、人に見せるためのノートです。ですから、誰が見ても分かりやすい字で、分かりやすい内容になるよう、心がけて書いていただく事が大事です。
独りよがりにならないよう、常にこのノートを読む読者を想定して書いて下さい。

最新の情報に更新を


エンディングノートというものは、一度書き上げればそれで終わり、というものではありません。例えば、ご自身がお持ちの財産の状況(預金や株など)が変化する場合もありますし、葬儀やお墓に対する考え方も変わるかもしれません。そういった変化があった場合は、どんどん情報を更新していって下さい。常に最新の情報を保っておく事が大事です。

疲れたら一時休憩


終活という言葉と同様に、エンディングノートを書く事もまた、一時的なブームになりました。ところが、書き始めたは良いものの、最後まで書き切ったという方は、全体の2~3割程度だというデータもあります。エンディングノートの内容は多岐に渡る事に加え、書いている内になんとなく憂鬱な気分になってしまうということもあるようです。
書いていく事がしんどくなったら、無理に続ける事はありません。書くのをやめてしまうのではなく、「一時的な」休憩をして、再度書き始めると続くと思います。エンディングノートを書き留めるのは、ご自身のためであり、ご家族のためです。その目的を忘れずに、じっくり腰を据えて書いていきましょう。

次回からは、エンディングノートに記録する個別の内容について、シリーズで書いていきます。

☆今まで綴ったコラムをまとめてあります。

ジャンルごとコラムまとめ

お墓・終活についてのご相談は、

公式サイト http://futakamiya.co.jp
メール info@futakamiya.co.jp
フリーダイヤル 0120(333)888

まで、お気軽にご連絡下さい。

この記事を書いたプロ

二上昌弘

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

二上昌弘プロのその他のコンテンツ

Share

二上昌弘プロのその他のコンテンツ