まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
二上昌弘

墓石から供養まで安心して任せられるお墓ディレクター

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

お電話での
お問い合わせ
0120-333-888

二上昌弘プロのコラム一覧:日本人の死生観

皆様、こんにちは。今回は、私が終活セミナーなどでお話しさせていただいている、ちょっとした知識について書いていきたいと思います。 死んだ後なのに何故「生前」? 亡くなった方の事を語るときに、一般的には「生前の〇〇さんは・・・」という言い方をすると思います。今まで使い慣...

皆様、こんにちは。先日発売されたある雑誌(あえて誌名は書きません)に、「墓捨て」なる珍妙な言葉を用いた記事が書かれていました。有名な宗教学者の方が主張している、「これからはお墓を捨てる時代」との主張をまとめたものでした。 「墓捨て」って何をするの? 「お墓を捨てる...

皆様、こんにちは。現在のお墓は非常に明るく、緑や花に溢れ、利用者の心が安らぐよう、ふさわしい場所として設計されています。お墓には亡くなった方が埋葬されていますが、仏教の考えでは埋葬されている全ての方が「成仏」されています。仏になるということはどういう事かというと、生き...

皆様、こんにちは。お墓が恐いというイメージを持たれるという話から、少し難しい話になってしまっていますが、もう少しお付き合い下さい。さて、お墓を怖がる原因として「幽霊が出そう」なんて言葉も聞きます。では、「霊」って何かと聞かれれば、ややこしく、なかなか説明が難しいのです...

皆様、こんにちは。前回のコラムでは、「魄」(はく)という魂の一部がご遺骨に宿るというお話をさせていただきました。今回はその続きです。「魄」という考え方は、儒教に基づいたものであるという事は既にお話しいたしました。儒教の考え方は、江戸時代に広まったものであり、日本の歴史...

皆様こんにちは。今回はお墓と儒教の関わりについてお話しします。儒教とは簡単に言うと、中国で孔子が説いた教えをまとめた物です。儒教というと、なんとなく、倫理とか道徳についての教え、というイメージを持たれる方も多いと思います。しかし、儒教の中でも生や死について説明している部...

皆様、こんにちは。昨日のに続き、お墓のイメージについてのお話をさせていただきます。今のような「公園墓地」が一般的に普及する前まで、お墓と言えば、寺院の境内に作られたものが一般的でした。(この他に地域の共同墓地や個人的に所有されている墓地等もありますが)寺院の境内の中で...

皆様、こんにちは。今日からシリーズで、私が手がけているお墓というものの本質について、考察していきたいと考えています。着地点が見えた上で書き始めるわけではないので、少々雑多な感じの文章になってしまうかもしれませんが、ご容赦いただければと思います。さて、「お墓」というも...

二上昌弘プロのその他のコンテンツ

Share

二上昌弘プロのその他のコンテンツ