まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
二上昌弘

墓石から供養まで安心して任せられるお墓ディレクター

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

お電話での
お問い合わせ
0120-333-888

コラム

お墓にまつわる単位の話

墓石のこと

2013年7月16日

今日は「単位」のお話しを。

我々石材業界では、墓石の寸法を定めるに際して、今でも寸尺法を使っています。
例えば、和型墓石。一番上の石を「竿石」と呼ぶことは前にも書きましたが、この竿石の大きさが、和型墓石全体のサイズを表す単位になります。一番小さい物が「8寸角」。言葉が示すとおり竿石の縦と横の長さが8寸(約24センチ)となり、この寸法を基準に他の石(上台や中台など)のサイズが決まっていきます。

一方、墓地の単位は㎡(「へいべい」と呼ぶことが多い)で表されます。つまり、建てる石は寸尺法、墓地はメートル法なのです。石材店がお客様に提示する図面もこのような単位を元に書かれていることが多いので、分かりにくい場合は、メートル法に統一してもらうと良いと思います。

ちなみに、墓石の体積を表す単位を「切(さい)」と言います。これは立方尺で計算される物で、1切は、たて×よこ×高さ1尺×1尺×1尺の1立方尺となります。まあ、この単位は石材業界以外で使われることはありませんので、一般の方が知らなくとも何も問題ありません。

☆今まで綴ったコラムをまとめてあります。

ジャンルごとコラムまとめ

お墓・終活についてのご相談は、

公式サイト http://futakamiya.co.jp
メール info@futakamiya.co.jp
フリーダイヤル 0120(333)888

まで、お気軽にご連絡下さい。

この記事を書いたプロ

二上昌弘

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

二上昌弘プロのその他のコンテンツ

Share

二上昌弘のソーシャルメディア

youtube
二上家YouTubeチャンネル
2015-10-24
facebook
Facebook

二上昌弘プロのその他のコンテンツ