まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
田岡良一

安心できる仏壇・墓石選びのプロ

田岡良一(たおかりょういち)

(株)田岡仏壇店

お電話での
お問い合わせ
086-279-1813

コラム

数珠のご紹介・・・虎琥珀について

数珠について

2016年3月30日

コラムをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。

今回ご紹介します数珠は虎琥珀。まずは写真をご覧ください。




いかがでしょうか?琥珀といいますと茶褐色が一般的なのですが、こちらも琥珀になります。私もいつも腕輪念珠として身につけています。琥珀はとても軽いのでつけていましても違和感がないくらいです。以下以前記載しました琥珀に関してです。
http://mbp-okayama.com/taoka-butsudan/column/10932/


また数珠の下の房をご覧いただけますでしょうか?ちょっと変わっていませんか?組紐(くみひも)といいます。


一般的に多いのが以下のような房です。


特に右側の房が多いと思います。こちらを頭房、左側を小田巻といいます。


数珠の玉も木があったり、石があったり様々なんですが、下につけます房も様々です。写真の右側の数珠のことを片手念珠と言いましてどの宗派にも使用できるのですが、左側は本連といいまして宗派が決まっています。ちなみにこの数珠は真言宗用となっています。


話があちこち行って申し訳ございませんが、房に関しましてはこの宗派はこれという決まりは特にはないのですが、組紐に関しましては浄土真宗が多いです。ただ他宗でも使用しても大丈夫で特に高級品に多く使用されています。


数珠の修理をお預かりする際、多くは今までと同じように直す場合が多いのですが、下につけます房を変えることによって雰囲気が変わる場合もあります。


ご参考にしていただけましたら幸いです。

生かさせていただいていますことに感謝です。

この記事を書いたプロ

田岡良一

田岡良一(たおかりょういち)

田岡良一プロのその他のコンテンツ

Share

田岡良一プロのその他のコンテンツ