マイベストプロ新潟

コラム

金物を使わない木組みの家は、間取り変更が容易です

2021年9月10日

コラムカテゴリ:住宅・建物

最近の家づくりはプレカット工法が殆どです。
短くて細い木材を金物やボルトを使って組み立てます。
この工法は木材の強度に余裕がないので、柱や壁を外す事が出来ません。
なので間取り変更を行う場合は、屋根や梁組を取り換えなければなりません。
解体した木材は金物やボルトを使っているので、接合部には傷や亀裂があるので再使用はできません。
結果として膨大な工事費が掛かります。

2021_09_10-1

2021_09_10-2


それに対して、伝統的木構法は、長くて太い木材を金物を使わないで組み立てます。
木材の強度に余裕があるので、一部の柱や壁を外しても構造的な影響はありません。
取り外した梁や柱には損傷がありませんので、そのまま使う事もできます。
木材と施工費の節約により出費も少なくて済みます。
建てた当時は良かったにしても、年数が経てば間取り変更が必要となる場合があります。その為にも、金物を使わない木組みの家をお勧めします。

2021_09_10-3

2021_09_10-4

詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ