マイベストプロ新潟

コラム

心身の健康と生命活力を育む安らぎの住まい

2021年4月1日

コラムカテゴリ:住宅・建物

今や日本では、人生100年の時代となりました。
その間の幸福感は「長さ」と「中身」によって決まります。
それを満たす第一条件は、心身の健康と生命力の活性です。
昔から、快食・快眠・快便が健康の秘訣と言われてきました。
この3つの生活基盤を支えるのが住まいの環境です。
通風が良くて嫌な臭いがしない。
家族との団らんで食欲が増す。
温度・湿度が一定に保たれ心地良い。
外部の騒音が遮断され静かである。
日の光が差し込み自然との一体感がある。
室内の床・壁・天井の木材が心を癒す。等々・・。

2021_04_01-1

2021_04_01-2


これらは住む人の五感に影響し、心身の健康を左右します。
家は使い捨ての消費物ではありません。
家族の健康と生命を守る財産です。
その為には長く住めなくてはなりません。
木材を活用した家の構造は丈夫で長持ちが特長です。
私たちはその要望にお応えするプロチームを目指して、日々、修行に励んでいます。

2021_04_01-3

2021_04_01-4

詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ