まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(たけいしあきら)

株式会社研創

コラム

家づくりルネサンス「和」の精神・作法

2018年2月10日

最近、海外からも「和風の家」が注目されています。
それは、近年の工場生産型の画一的な家づくりに対して、むしろ新しいデザインとしての自然派志向の「和」なのかもしれません。
和風の基本精神は、四季の恵みを忘れることなく、しかし一方で、現代の住宅性能を生かす。
いくら四季を感じるといっても、昔ながらの夏暑く冬寒いでは、誰も納得しないでしょう。
開放的でありながら、断熱性能を確保し、自然に沿った設計により化石エネルギーの消費を出来る限り抑える家でなければなりません。




日本人は室内で靴を脱いで生活しますが、この習慣だけは変わる気配がありません。
その為、内装材は肌に近いところに感じられます。
床・柱・壁・天井に木材や土壁など、いわゆる自然素材が見直されています。
更に、地球規模での温暖化対策が問題になっている中、建材の製造や輸送など膨大なエネルギーを費やす家づくりは避けねばなりません。
「地域の材料を使って、職人が建てる」これこそ、日本人の「和」の精神の原点ではないでしょうか。

○詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

武石明(たけいしあきら)

武石明プロのその他のコンテンツ

Share

武石明プロのその他のコンテンツ