まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
小林良行

子どもの「考える力」を引き出し育むプロ

小林良行(こばやしよしゆき)

思考道場 楠塾 

お電話での
お問い合わせ
026-278-9404

小林良行プロのコラム一覧

2018-07-12

 論理的思考力を高めるトレーニングの一つに「比べる」練習があります。たとえばバスとトラックの共通点と相違点を考えてみましょう。共通点を単に「車」と答える子もいますが、乗用車とは違うバスとトラックならではの共通点を挙げたいところです。「大きい車」が模範解答ですね。 相違点の...

2017-05-01

小学生用の算数(国語ではありません)の教材に、用語を説明させる問題が出てきます。たとえば「たし算」とは何か...。これ、生徒たちは結構とまどっています。もちろんたし算は知っているものの、いざ言葉で説明しようとなると難しいようです。多いのは「数をたすこと」という表現。「たし算」...

2016-04-14

 最近話題に上ることが多いAI(人工知能)。囲碁の世界王者に勝ったり、将来人間の仕事の大半が奪われると予測されたりしています。そんなAIの研究・開発に携わる国立情報学研究所の新井紀子教授が、日経新聞で気になる報告をされていました。 東大合格を目指すAI「東ロボくん」に昨年の...

2016-03-12

 2020年度からの実施に向け、大学入試の改革が進められています。新年度の中学2年生からが対象ですね。知識偏重、暗記中心の入試から、思考力や記述力、問題解決力を問う入試へと大きく変わることになります。 この大変革に対応するためには、これまでの勉強法を根本から見直す必要があります...

2015-06-04

<教室だより6月号より>(塾生の保護者向けの表現になっています。ご了承ください。) もう10年以上前になるでしょうか。篠ノ井の図書館で一冊の本と出会いました。ちょっと中身を読んだだけで、まさに我が意を得たりの内容。あっという間に上下巻を読み終えました。タイトルは「ごまかし勉...

2014-04-08

 塾での勉強で間違えるのを恐れてはいけません。間違えるのよりもっと悪いのは、自分の頭で考えないこと!ちょっとつまずくと自分で考えるのをやめてしまい、大人が教えてくれるのを待っているようでは困ります。 教科書や参考書などで調べるのはいいことですが、そこに書かれたことをそのまま写...

2013-06-26

中学で初めて英語を習った子どもたち。大文字と小文字の区別がつかなかったり、単語同士がくっついてしまったり、英文を書くという作業に苦労している。 中でも目立つのがピリオドの脱落である。口を酸っぱくして注意しても直らない子がいる。日本語の「。」と同じで、それがないと文が終わら...

2013-06-15

 次のそれぞれの文で、「それ」が何を指しているか答えてみてください。小学生高学年に与えているオリジナル教材の問題です。 1.子どもの頃、わたしはよく川で遊んだ。それが子ども時代の一番の思い出だ。 2.子どもの頃、わたしはよく川で遊んだ。それが一番の楽しみだったのだ。 1は「...

2013-06-13

 食事の際に食べ物をよく噛むことの大切さは、今さら言うまでもない。体にいいだけでなく、口の周りの筋肉を発達させることで表情も豊かになって発音もよくなる。さらに、噛むという機械的な刺激が脳の活動を活発にするという。ところが現代では、時間に追われて食事の時間も短くなった。手軽に食...

小林良行プロのその他のコンテンツ

Share

小林良行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-278-9404

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林良行

思考道場 楠塾 

担当小林良行(こばやしよしゆき)

地図・アクセス

小林良行プロのその他のコンテンツ