まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮崎
高橋龍次

命を育む健康住宅だけをつくり続ける建築のプロ

高橋龍次(たかはしりゅうじ)

有限会社 バリア・フリー工房

コラム

経験と数値

2016年7月27日 / 2016年8月7日更新

日本の気候風土は、四季を含め北は北海道から南は沖縄まで地域で様々な表情を見せます。
宮崎県で見ても、高千穂・五ヶ瀬のような冬場雪に囲まれて底冷えのする地域もあれば南部平野部のように夏の太陽が暑く湿度の高い地域もあります。
日本はほとんどが温帯湿潤気候に属しますが、南九州は他地域よりも夏場の陽射し・降水量共に多い地域です。

そのような気候の宮崎では、昔から住まいの庇・軒は深くつくられてきました。
夏場の太陽の陽射しの侵入を防ぐことと、雨による外壁の劣化を防ぐこと、そして涼しい風を採り入れるためと言われています。

ここ数年、窓の性能は随分と良くなりました。
ペアガラス・トリプルガラス・樹脂枠・木枠・low-eなど様々な工夫で住まいの温熱環境を変えています。


この様な現代の高性能なサッシと昔からの軒庇をうまく合わせることで夏場の過ごし方、冬場の過ごし方が快適な生活になります。

この記事を書いたプロ

高橋龍次

高橋龍次(たかはしりゅうじ)

高橋龍次プロのその他のコンテンツ

Share

高橋龍次プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0800-111-6886

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高橋龍次

有限会社 バリア・フリー工房

担当高橋龍次(たかはしりゅうじ)

地図・アクセス

高橋龍次プロのその他のコンテンツ