まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮崎
高橋龍次

命を育む健康住宅だけをつくり続ける建築のプロ

高橋龍次(たかはしりゅうじ)

有限会社 バリア・フリー工房

高橋龍次プロのご紹介

家はただの空間に非ず、命を育む場所である!(1/3)

高橋龍次 たかはしりゅうじ

命を軽視した家づくりはしたくないから――

 「うわぁ!なんでこんなにいい空気なの?」思わず深呼吸をしてしまうほど気持ちのよい空間が、バリア・フリー工房の事務所です。取材の日は雨だったにもかかわらずジメジメ感なし、暑すぎず寒すぎず“快適”とはまさにこのこと。それもそのはず、バリア・フリー工房を主宰する建築士・高橋龍次さんは“子どもたちのため”を心の底から考え、家づくりをしている方です。だから住空間に新建材は使いません。自然の摂理にかなった本当の無垢材を選びます。素材も地産地消を心がけています。設計するのは住めば住むほど体と心がよろこぶ家です。世の中の主流とは違う家づくりを、強い志と使命感で進めているのです。

 もともと住宅メーカに勤めていた高橋さんは、ご自身の近しい人の体調の異変は、もしかして新建材をふんだんに使った新築の家に住んでいたことが理由かもしれないとある日気づいたそうです。それから現代の建築について、リサーチを重ねるとさまざまなことがわかってきたといいます。「昭和50年から5年間の国の政策(ハウス55計画)で“工業化住宅(プレハブ住宅)”ができてきました。そこでは住宅の工業化にあたり、化学物質、保存料、接着剤、シンナーが使われていました。しばらくして今までなかった新しい病気、アレルギー性鼻炎、花粉症、化学物質過敏症などがうまれてきたのです」

 知ってしまった以上、もうこれ以上ここで働くことはできないと考えて退社し、バリア・フリー工房を立ち上げて今年で13年。「こんな家が欲しい、ではなくて、こんな暮らしがしたいと考えている方と、一緒に家づくりをしています。こんな家が欲しい、ですと家を手に入れてそこで終わりなんです。でもどんな暮らしをしたいか、その暮らしをするための家はどんなものなのか、と考えた家づくりはそこからがスタートになるんですよね」

高橋龍次プロのその他のコンテンツ

Share

高橋龍次プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0800-111-6886

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高橋龍次

有限会社 バリア・フリー工房

担当高橋龍次(たかはしりゅうじ)

地図・アクセス

高橋龍次プロのその他のコンテンツ