マイベストプロ宮城
堀克昌

インプラント・歯列矯正のプロ

堀克昌(ほりかつよし)

堀歯科医院

お電話での
お問い合わせ
022-285-0771

コラム

がん家系の人は、糖質制限をする方が良い?!

2019年1月6日

テーマ:

堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。
~口臭外来や審美歯科の相談・カウンセリングにも対応~
堀歯科医院公式HP

インプラント専門サイトはこちらです。
仙台市宮城インプラントセンター

口臭外来の専門サイトはこちらです。
堀歯科医院口臭外来

堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771にお願いします。

診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
堀歯科医院 24時間オンライン予約 web予約 ネット予約




うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった(藤川徳美)という本を読みました。その2
・がんになりやすい人というのは、「確率的親和力」の低い人で、同じ量のビタミンでは好気性代謝が回らなくなり、嫌気性解糖に偏ってしまうということだと思われます。
ですから、家系的にがんの多い人は、なるべく早いうちから糖質を減らした食事にして、またビタミンBを多めに摂るようにするとよい。

・ほとんどの医師は、製薬メーカーの言いなりになっている。
そもそも、製薬メーカーの資金援助なしに、医学研究はできない構造になっている。
ですから、新薬を持ち上げるような論文も出てくる。

・これから先の新しい医療、患者のためを考えた医療に必要なのは、理論に基づいた「分子栄養学」であると著者は考える。

・医師は病気を勉強しているのであって、健康について勉強しているのではない。
医師は患者さんに対して、「どうすれば健康でいられるか」という指導をするための教育は受けていない。
栄養学は医師の専門外なのです。

・鉄不足だと甘いものが欲しくなる。

・好気性代謝の最終段階である電子伝達系では、鉄が必須でした。
もし鉄不足になると、この電子伝達系の機能が低下する。
そしてクエン酸回路の機能も低下し、ATP不足に陥る。
すると嫌気性解糖の方でATPを作ろうとしますが、こちらは効率が悪く、グルコース1分子からはATPが2個しか産生されません。
しかし、嫌気性解糖の方だけで何とかATPを作ろうとしますから、より多くの材料(グルコース)、つまり、甘いものが欲しくなるわけです。

・朝は発酵バターをコーヒーに入れたバターコーヒーと、バターで焼いた卵焼き、昼はバター20-30gをスープに入れて飲み、1日に40-50gを摂取してみたところ、劇的な体調の変化がありました。
日中、全く空腹にならないのです。

・バターを食べると、糖質の過食欲求がなくなる。

アルコールの代謝にはビタミンB1とナイアシンが必須です。
糖質+アルコール摂取では、ビタミンB1とナイアシン不足により、ピルビン酸が増えて、乳糖蓄積、つまりがんになりやすくなります。



堀歯科医院には、宮城・仙台からインプラントや矯正治療を希望される患者さまが多数来院されています。
~口臭外来や審美歯科の相談・カウンセリングにも対応~
堀歯科医院公式HP

インプラント専門サイトはこちらです。
仙台市宮城インプラントセンター

口臭外来の専門サイトはこちらです。
堀歯科医院口臭外来

堀歯科医院へのご予約は、022-285-0771にお願いします。

診療時間中はオペレーターが待機しておりますが、電話がすぐにつながらない場合には、何度もかけなおしてください。

ネット予約がご希望の方は↓をどうぞ。こちらは24時間対応です。
堀歯科医院 24時間オンライン予約 web予約 ネット予約

この記事を書いたプロ

堀克昌

インプラント・歯列矯正のプロ

堀克昌(堀歯科医院)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧