まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
山際雅詩

志望大学合格を実現させる個人別学習指導のプロ

山際雅詩(やまぎわまさし)

未来教育やまぎわ塾 やまぎわ高校ゼミ

コラム

成績の悪い科目をどのようにしてテストで点を取り、成績を上げるか?

合格する勉強法

2015年10月17日

ほったらかしになっていませんか?

成績の悪い科目は、どうして成績が悪いのでしょう? 一番多く見受けられるのが、普段どうしても後回しになって、結局テスト前にしかやらないから、というものです。“好きじゃない”“わからない”など色々な理由で、限られた勉強時間の端に追いやられている科目、それが成績の悪い科目なのです。
自分の勉強傾向を冷静に見つめ直してみましょう。いつも同じ科目ばかりやっていませんか?好きな科目から勉強を始めて、成績の悪い科目はいつも後回しになっていませんか?
本来は逆でないといけないはずです。成績の悪い科目だからこそ、一番重点的に勉強しないといけないはずです!
自分ではどうしてもやる気になれない!という方は、是非ご相談ください。

勉強が単なる作業になってしまっていませんか?

 しっかり勉強はしている、という人でもテストで点の取れない人がいます。こういう人は真面目に几帳面にノートも書いているし、字も丁寧な場合が多いです。でも、実はノートをきれいに書いただけで満足していませんか?ノートに書き留めたことで処理は完了!と言わんばかりの態度になってはいないでしょうか?
 自分の勉強態度を冷静に見つめ直してみましょう。ノートに書いたことは本当に理解できているのでしょうか?書いただけになっていない?
次の「“わかったつもり”になっていませんか?」にも通じるものですが、単に書いただけであって、書いた内容が真に自分のものになっていない人も多いのです。

“わかったつもり”になっていませんか?

 いやいや、しっかり理解もしているし!という人でも成績の悪い人がいます。これはもっともやっかいな“わかったつもり”の恐れが濃厚です。
“わかったつもり”とは、本当はわかっていないのに、“わかった”気になっていることを指します。やっかいなのは、これが意図的なのではなく、無意識にそうなっている場合です。
意図的な“わかったつもり”は「面倒くさい」とか「先生の話長い」とか「これ以上考えたくない」とか、勉強からの逃げの姿勢から生まれてくるものです。これは勉強に対するやる気の問題です。
一方、無意識な“わかったつもり”は、いわゆる理解が浅い状態です。または、わからないところを無意識にスルーして、わかるところが少しあっただけで「わかった!」と口にし、それで満足してしまう態度を指します。無意識ですから、こちらが「いや、本当はわかってないでしょ?」と異議を挟んでも、「いえ、わかりました。大丈夫です!」と自信満々です。
「じゃあ、ためしにこの問題を解いてごらん。」と言うと、案の定、解けない。そして、再び解説をしてヒントを与えると、「あ、そっか!」と勢いよく解き始めます。結局、この人の理解度は「少しヒントをもらえると解ける」というレベルにとどまっていて、テストで白紙の問題を見ると、自分で何から始めたらいいのかわからず、まったく解けないのです。
こういう人に限って、後から解説を見て、「あ~そうやった~わかってたのに~」などと言っています。
白紙の状態のはじめからすべてを構築できる(説明できる)ようになってはじめて、“わかった”という状態になるのだということを知りましょう。

この記事を書いたプロ

山際雅詩

山際雅詩(やまぎわまさし)

山際雅詩プロのその他のコンテンツ

Share

山際雅詩プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0774-68-0588

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山際雅詩

未来教育やまぎわ塾 やまぎわ高校ゼミ

担当山際雅詩(やまぎわまさし)

地図・アクセス

山際雅詩プロのその他のコンテンツ