まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
山際雅詩

志望大学合格を実現させる個人別学習指導のプロ

山際雅詩(やまぎわまさし)

未来教育やまぎわ塾 やまぎわ高校ゼミ

コラム

「成績優秀な人」=「考える人」

合格する勉強法

2015年11月30日

 学問を学ぶ上で決定的に重要なことがあります。
 それは、出てくる言葉(用語)について、その
“定義”をしっかり押さえ、理解し、言葉で正しく説明できるか
ということです。
 たとえば、△「三角形」って何でしょう?言葉で正しく説明できますか?
「三角形」とは
“同一直線上にない3点と、それらを結ぶ3つの線分からなる多角形”
のことです。
 自分のオリジナルな説明ではなく、一言一句違わずに、定義通りによどみなく説明できるかが、非常に重要です。

 学問の各分野には、その分野の知識や概念を説明するために作られた種々の用語(学術用語)があります。そして、各学問はこれらの用語を駆使して語られ、成り立っています。従って、これらの用語がどのように定義されていて、どのような意味を持っているのか、何を指しているのかを理解し、正確に覚えていくことが中学生・高校生のような初学者にとってはきわめて重要なのです。

 そして、学問だけにとどまらず、日常生活で目にしたり耳にしたりする言葉に対しても、敏感なセンサーを持ち、どういう意味なのかな?どういうことなのかな?と立ち止まる、もしくは振り返る姿勢が強く望まれます。そのような姿勢からベースとなる知識は身についていくのです。
 
 「考える人」ってどんな人のことをいうのでしょう?
そもそも「考える」ためには、ベースとなる知識が絶対に必要です。そして「考える」手段となる言葉が必要です。正しい言葉の定義・意味を知り、多くの知識を身につけて初めて、学問的に「考える」ことができるのです。すなわち応用力を発揮でき、成績アップにつながっていくのです。

この記事を書いたプロ

山際雅詩

山際雅詩(やまぎわまさし)

山際雅詩プロのその他のコンテンツ

Share

山際雅詩プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0774-68-0588

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山際雅詩

未来教育やまぎわ塾 やまぎわ高校ゼミ

担当山際雅詩(やまぎわまさし)

地図・アクセス

山際雅詩プロのその他のコンテンツ