まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
山際雅詩

志望大学合格を実現させる個人別学習指導のプロ

山際雅詩(やまぎわまさし)

未来教育やまぎわ塾 やまぎわ高校ゼミ

コラム

志望大学はこのように決める!

合格する勉強法

2014年3月15日

 まず、最初に頭にすっと浮かんで出てくるのが「理想の大学」。
 自分にとっても、保護者にとっても、申し分のないまさに理想の大学。こんな大学に行けたらいいなあ、という大学です。

 人によって様々ですが、東京大学であったり、京都大学であったり、慶應大学であったり、同志社大学であったり、近畿大学であったり・・・

 そして、手もとにある模試の成績表を見て、A~C判定なら、そのまま理想の大学目指して頑張ればよろしい。
 でも、D判定、E判定だとどうするか。

受験生、保護者の反応は、大きく2つに分かれます。

①判定悪いし、「ああ、ムリだな、ムリムリムリ・・・」となる。
 ひどい場合には、保護者が「あんたの頭じゃムリやわ、そんな賢い大学!やめとき~」
 親が自分の子の可能性を真っ向から全否定してどうするのでしょうか?

②判定悪いけど、「なんとか努力して合格したい、なんとかなりませんか?」となる。
 もちろん、努力のしかた次第では、E判定でも合格できる!!

①の場合-
 私「じゃあ、どこの大学を目指しましょうか?」
 保護者「やっぱり国公立大学がいいですよね~」「(我が子に)どこがいいの?言ってごらん」
 子「わからん…」
 保護者「わからないって、どういうこと?どこの大学に行きたいの?」
 子「…」

 子どもさんにしたら、先ほど、自分のあこがれの大学を口にしたのですが、言った途端に親にムリムリムリと全否定され、相手にされなかったのですから、どこがいい?と聞かれても「わからん」としか言いようがありません。

 上の例のように全否定することはなくても、「ぷっ」と吹き出して小馬鹿にしたり、「あんたレベルわかってんの!」などと詰問したりしてしまう保護者の方がいます。

 これでは、いつまでたっても志望大学は決まらないどころか、受験生もやる気をなくしてしまって、受験勉強を戦う前から半ば負けています。

 では、どうすればいいのか?

 もちろん、②を選択するべきです。
現時点でD判定だろうが、E判定だろうが、偏差値が20足りなかろうが、頭にすっと浮かんだその大学こそが、理想の大学であり、あなたの志望大学です!

成績に関係なく、堂々と「行きたい」と意思表示すべきです。
そして、保護者の方も「よし、じゃあ、一緒に頑張ろう!出来る限りのサポートをするわ」と我が子に言ってあげてください。

この記事を書いたプロ

山際雅詩

山際雅詩(やまぎわまさし)

山際雅詩プロのその他のコンテンツ

Share

山際雅詩プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0774-68-0588

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山際雅詩

未来教育やまぎわ塾 やまぎわ高校ゼミ

担当山際雅詩(やまぎわまさし)

地図・アクセス

山際雅詩プロのその他のコンテンツ