マイベストプロ神奈川
中村和宏

こだわりの塗装で相模原に安心を届ける塗装の専門家

中村和宏(なかむらかずひろ)

株式会社リプラス

お電話での
お問い合わせ
0120-790406

コラム

破風③

2019年9月11日

テーマ:つぶやき



家に雨や風の浸入を防ぐ役割を持つ破風板を
劣化したまま放置しておくのは、
下記のような事がおこりかねません。
劣化状況も確認しておくことが重要です。

1.落下
  傷んでいる破風板を放置していると、
  落下の危険性がありる。

2.雨漏り
 破風板の防水性が劣化すると必然的に雨水が屋根に入り込み、
 屋根に雨水が入ることで雨漏りの原因となる。
 破風板の劣化に伴う雨漏りは、
 屋根裏で起こるので、すぐには気づきにくい、
 気づかぬうちに屋根裏が雨水で腐食していたという事態にもなりかねない。

3.ダメージ
破風板の腐食から屋根材や外壁材への腐食が進む危険性がある。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

網戸の張替から全面リフォームまでお任せください。

株式会社 リプラス
フリーダイヤル 0120-790406
mail info@replus-corp.com

地域の皆様の
大切なお住まいを守ります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事を書いたプロ

中村和宏

こだわりの塗装で相模原に安心を届ける塗装の専門家

中村和宏(株式会社リプラス)

Share
関連するコラム

中村和宏プロのコンテンツ