まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ茨城
疋田敬之

境界確定測量・土地分筆登記・建物表題登記の専門家

疋田敬之(ひきたたかし)

土地家屋調査士 疋田敬之事務所

コラム

不動産が動いた「シンポジウム~東北大震災と地籍情報~」

土地の測量

2013年5月26日 / 2014年7月17日更新

お茶ノ水大学で情報知識学会の

「シンポジウム~東北大震災と地籍情報~」が開かれました。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震では東日本が大きく東方海上に向けて移動しました。それまで不動だったものが動いてしまったわけで、司会をされていた東工大の大槻先生が「不動産が動いた」という表現をされていました。

東北地方太平洋沖地震では津波により町全体の住宅が基礎部分をのこして破壊され流され、さらに不動産であるはずの土地が宮城県では(国土地理院ホームページ  http://www.gsi.go.jp/bousai.html 
東方へ5m以上も水平移動してしまった状態で、土地の移動は一定量で水平移動した地域ばかりでなく局地的な変動をきたし、道路の道幅が狭くなっている場所や直線のはずの道路が折れ曲がってしまっている場所など問題は阪神淡路大震災よりも複雑なようです。特別な立法も必要であろうという発表もありました。

土地についての地籍情報の基盤には、正確な位置データが重要です。「あの杭から何m離れている」「あの塀の角から何m離れている」という相対的な尺度基準では構造物が破損し移動してしまったあとは位置関係が不明確になりやすと思われます。

地籍データにとって重要な位置情報を把握し記録しておくために、土地登記関連で測量を依頼する場合にはやはり「世界測地系」の座標データで記録する現地復元性の高い測量を依頼されることが大事だと思います。

この記事を書いたプロ

疋田敬之

疋田敬之(ひきたたかし)

関連するコラム

疋田敬之プロのその他のコンテンツ

Share

疋田敬之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
029-253-0365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

疋田敬之

土地家屋調査士 疋田敬之事務所

担当疋田敬之(ひきたたかし)

地図・アクセス

疋田敬之のソーシャルメディア

rss
rss
2013-12-20
google-plus
google-plus

疋田敬之プロのその他のコンテンツ