まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
春藤泰之

接遇向上に取り組む歯科治療のプロ

春藤泰之(しゅんどうやすゆき)

医療法人社団春藤歯科医院

お電話での
お問い合わせ
078-782-8241

コラム

銀歯をセラミックで白い歯にして目立たなくする方法

歯の治療跡がほとんどわからない画期的なセラミック治療とは


セラミック治療とは、従来、欠損した歯の治療に使われていた銀歯や金歯に代わって、白色のセラミックという素材を使って歯の治療をする方法です。
セラミックは、人工的に作られた素材で、さまざまな種類があり用途も多岐にわたります。

歯科医院で使われているセラミックは、金属のかぶせ物の上にセラミックを貼り付けて歯を作る方法と、金属を使わず全てセラミックで歯を作るオールセラミックの2種類があります。
治療を行う歯の場所により、保険適応可能になることもあるので、歯科医と相談しながら治療法を選択することができます。

この治療のメリットは、その跡がわかりにくいことです。
銀歯や金歯を使った治療は、治療跡が目立ち、年月が経つに連れてその部分が変色することがあるので、特に女性にとってはコンプレックスとなっていました。
セラミックを使った治療をすれば、その心配も軽減されます。

昔治療した銀歯の上にセラミックを被せることもできるので、治療をする人が増えています。

セラミック治療に使われる素材の種類や治療方法


セラミック治療に使われる素材には、値段の安さ、強度の順に、ハイブリッドセラミック、メタルボンドセラミック、オールセラミック、ジルコニアオールセラミックの4種類があります。

ハイブリッドセラミックやメタルボンドセラミックは、内側は金属なので、装着後に加齢のために歯肉がやせると、セラミックとの境目が黒く目立つことがあります。
オールセラミックやジルコニアオールセラミックは、日常生活で欠損することはほとんどなく、長く美しさを保つことができる素材なので、シニア層の患者さんに人気があります。

これらの4つの素材は、欠損した部分の型を取り、人工歯を作って装着するインレー(詰め物)や、元の歯全体を被せてしまうクラウン(かぶせ)、失った歯の両隣の歯を削って支えにして、両隣の歯とつながった連結の冠状の人工歯を作って橋を架けるように被せるブリッジ、歯の変色や部分的な虫歯に対して、歯の表面を薄く削って人工歯を貼り付けるラミネートベニア治療に使われています。
そして、神経がなくなった歯に人工歯をつける時、歯根の中にできた隙間を補強する土台としてセラミック素材を使うこともあります。

この記事を書いたプロ

春藤泰之

春藤泰之(しゅんどうやすゆき)

春藤泰之プロのその他のコンテンツ

Share

春藤泰之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-782-8241

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

春藤泰之

医療法人社団春藤歯科医院

担当春藤泰之(しゅんどうやすゆき)

地図・アクセス

春藤泰之プロのその他のコンテンツ