まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
大野勲

相続手続きと相続対策のプロ

大野勲(おおのいさお)

相続手続サポートセンター広島セブン合同事務所(司法書士・行政書士事務所)

お電話での
お問い合わせ
082-228-7211

コラム

内縁の夫婦間や同性カップル間に法定相続はあるか

相続関係

2017年5月1日

1 事実婚、同性婚の増加

 最近は、家族関係の多様化が進み、事実婚や同性婚も増えてきたとされています。普段生活をする分には、何ら問題がないのですが、この事実婚ということによって法律上保護されない部分があります。
 その代表的な場面は相続の場面です。

2 民法のルール

 日本の民法は、法律婚を前提としており、法律上夫婦となった場合に相互に法定相続分を認めていますが(民法890条、900条)、事実婚や同性婚の場合には法定相続分を認めていません。このことは、実際には夫婦同然に暮らしていた場合であっても変わりません。
 そのため、例えば、前の夫や妻との間に子供がいる方がその後事実婚をし、真の夫婦のように長年生活をしていたような場合でも、法定相続人になるのは子供だけとなります(事実婚の夫婦間では相続は発生しません)。
 また、逆に、上記のような例で、再婚をすると自らの法定相続分が減少する子供の側から、再婚をするのをやめてほしいと言われ、その結果、事実婚のままの夫婦で居続けているようなケースもあります。

3 何もしなければ・・・

 何もしなければ、上記のとおりとなってしまうのですが、このような場合に何の対応もできないわけではありません。その対応方法としては、事実婚の夫婦がお互いに遺言を書いておくこと、または家族信託をやっておくことなどで、お互いの将来をサポートする仕組みを作ることが可能です。そのほかにも、生命保険を使う方法も考えられるところです。
(参考リンク)
 ・家族信託とは→家族信託をお考えの方
 ・遺言とは→遺言などの生前の相続対策

残された人のために、「こうしてあげたい」という思いがある場合には、それを何かしらの形にしておくことは必要です。そのためには、この分野に通じた専門家に相談をするのが一番の方法です。


 ↓当センターのコラムには色々な内容のコラムを掲載しています。
 http://www.souzoku-sc.jp/information.html

【最近のコラムの一例】
 遺産整理業務のご紹介→こちら
 家族信託がNHKで取り上げられたこと→こちら
 

4 当センターの無料相談の紹介


 当センターでは、判例の変更や法律の改正の動きも随時チェックしながら、新しい情報に基づいて相談に対応しておりますので、分からないことや気になることがあればお気軽にお尋ねください(相談は無料です)。

この記事を書いたプロ

大野勲

大野勲(おおのいさお)

大野勲プロのその他のコンテンツ

Share

大野勲プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-228-7211

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大野勲

相続手続サポートセンター広島セブン合同事務所(司法書士・行政書士事務所)

担当大野勲(おおのいさお)

地図・アクセス

大野勲プロのその他のコンテンツ