まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
川端伸二

完成後の暮らしやすさまで考えたリフォームのプロ

川端伸二(かわばたしんじ)

株式会社 ジェイ・テック

コラム

トイレの外側の汚れ清掃のポイント

トイレ特有のアンモニア汚れは臭いの原因にも

トイレ掃除といえば、便器の掃除はみなさんこまめに行っていると思いますが、外側の汚れもチェックしてみましょう。

汚れ方は家族構成や使用頻度などで変わってきますが、トイレの汚れは意外に複雑で特殊です。ほかの部屋と同じようなホコリによる汚れもあれば、アンモニアやバクテリアを原因とするトイレ特有のもの、水まわりに発生する金属石けんなどさまざまです。

その中でも注意したいのがアンモニア汚れです。男性が立って用を足すと、便器の周りの床を中心に、壁や便器の外側などにも、思っている以上に尿が飛散します。放っておくとスリッパの裏について拡散し、臭いの原因にもなるので、毎日の拭き掃除をおすすめします。

拭き掃除には除菌剤の配合された使い捨てのシートが便利ですが、アンモニアはアルカリ性ですので、クエン酸の利用も有効です。スーパーなどで売っている粉末のクエン酸で、5%程度の水溶液を作り、床にスプレーして拭き取ります。飛散の少ない場所から先に、床、壁、便器の外側にスプレーして拭き取っていきましょう。

定期的に手洗い器のお手入れを

手洗い器にピンクの汚れがつくことがあります。これはバクテリアが繁殖したものです。中性洗剤をつけたスポンジでこするとすぐに落ちますが、バクテリアは温度と湿度と養分があれば、何度でも再発しますので、定期的なお手入れをおすすめします。

また、ザラザラとした白い汚れが付く場合がありますが、これは石けんや皮脂が、水道水の中のミネラル分と反応してできた「金属石けん」と呼ばれる汚れです。

初期段階では、トイレットペーパーに中性洗剤を染み込ませ、湿布したあとスポンジでこすると除去することができます。しかし、がんこな汚れとなるとなかなか落ちません。金属石けんの付着を予防するためにも、定期的に手洗い器を洗剤でお掃除することをおすすめします。

その他、気を付けたい場所

トイレのタンクも定期的にお手入れが必要です。便器の中が汚れやすい場合は、タンクの汚れが原因かもしれません。

簡単にお掃除する方法は、月に1回程度、カップ1杯の重曹を入れ、一晩置いて水を流します。洗浄効果と消臭効果が得られます。

また、トイレにもホコリは発生します。これは衣服の着脱の際に発生するものや、トイレットペーパーが原因のホコリなどです。

一方、人が手で触る部分は少しずつ皮脂による汚れが溜まってきます。皮脂汚れとホコリが一緒に付着することによって、黒ずみが発生する場合がありますので、ドアノブ、操作パネル、タンクの側面なども定期的に拭き掃除をしましょう。

目には見えないホコリ、汚れを一掃すると、空気が澄んだような快適さがあります。

この記事を書いたプロ

川端伸二

川端伸二(かわばたしんじ)

関連するコラム

川端伸二プロのその他のコンテンツ

Share

川端伸二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
092-410-7863

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川端伸二

株式会社 ジェイ・テック

担当川端伸二(かわばたしんじ)

地図・アクセス

川端伸二プロのその他のコンテンツ