まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福井
吉田知志

住まいの安心と快適を守る屋根・外壁・雨どいのプロ

吉田知志(よしだともゆき)

株式会社 吉光工業

お電話での
お問い合わせ
0776-54-0706

コラム

雪止事例(1)コロニアル、スレート屋根

日々の仕事

2015年3月14日

コロニアル、スレート屋根での落雪


コロニアル、もしくは、彩色石綿板、彩色スレート、フルベスト、レサス。
メーカー、商品名、ジャンルで呼び方がいろいろありますが、
今回は、こういう屋根の場合の話です。


コロニアル

見た事ありますか?
瓦じゃない屋根の時に、よく見かける、
一枚が薄くて、色があせたら塗装をしないといけないと思う屋根です。
今回は「コロニアル屋根」という呼び方で統一しておきます。

ちなみに、
コロニアル屋根は、このように屋根材を大きく重ねて施工されているので、
大体どこでも2枚重ねになるため、薄くても強度があります。

コロニアル重なり

では、本題に入ります。

コロニアル屋根。
色があせて白っぽくなり、塗装をしないとなーと思う時期が来ます。
あの屋根、色薄くなってるなー、と思って見たたことありませんか?

屋根なんて下からしか見た事がないと思いますし、
屋根材に触ったこともないからわからないと思いますが、
コロニアル屋根は表面に細かな石・砂粒がついていて、
最初は非常に「ザラザラした仕上がり」のものなんです。

それが、色褪せてみすぼらしくなってきたので、
見栄え良く綺麗にするために、塗装をすることになります。

最初に屋根を高圧洗浄して汚れを落とすのですが、
その時に、表面についていた細かな石・砂粒も一緒に落ちてしまいます。

その後、塗装を塗り重ねることで、表面がツヤツヤになります。
「ツヤツヤ=滑りやすくなった」ということです。
実際、塗装をした後のコロニアル屋根は、雨がふると歩けなくなるぐらい滑ります。

そこで、雪のシーズンがきます。

今までは、雪止金具が全くない場合でも、
なんだかんだ表面の細かな石・砂粒で摩擦力が働き、
雪が落ちたりすることはなかった屋根が、
塗装をしてツルツルになってしまいました。

夜中は寒いので、屋根の上でおとなしくしている雪でも、
いざ太陽が出て屋根の表面の雪が溶けて濡れだすと、
屋根にのっていた雪が、勢いよく「ストーン!」と滑ります。

屋根の傾斜がきつかったり、屋根面が長かったりすると、
雪止金具がなければ、3mほど飛んでいくこともあります。

3m先、何もありませんか?
お隣の家、壁大丈夫ですか?
車とか、置いてませんか?

雪が勢いよく落ちると、いろいろ厄介な問題が起きてしまいます。

そういう、コロニアル屋根の塗装をした際にオススメするのが、
「後付雪止金具」です。

通常は屋根工事をしながら、「先付で」雪止金具を取り付けしていくのですが、
これは屋根が出来上ってしまってからでも、「後付で」取り付けができるものです。

雪止め説明

雪止金具の突起が、コロニアル屋根にひっかかって止まるタイプです。
さほど強度はないので、ある程度数を入れる必要があるのですが、
当社の経験値から、この量を入れれば、積雪1mまでは大丈夫だなというラインがあります。
(積雪1mとは、福井市内では20年に一度積もるかどうかの量です)


雪止め

こんな感じで入れると、雪が降っても大丈夫です。
天気が良ければ、足場がなくても取り付けが可能なので、
費用的にも安くすみます。

当社は塗装が終わった後に、「困った!」と声がかかるケースが多いですが、
ぜひ先に知っていただいて、足場があるうちに一緒につけることをオススメします。

まとめ

コロニアル屋根の塗装をする際には、
雪が落ちても大丈夫かを確認してください。
なるべくなら、後付雪止金具を取り付けした方が安心です。

特に、
お隣が近い場合や、屋根の下に車を停めている場合には、
問題が起きる前に取り付けされることをオススメします。

※塗装も当社で提案できますヨ。困った時には、相談してください。

この記事を書いたプロ

吉田知志

吉田知志(よしだともゆき)

吉田知志プロのその他のコンテンツ

Share

吉田知志のソーシャルメディア

rss
吉光工業専務のブログ
2016-01-22
twitter
Twitter
2018-09-04

吉田知志プロのその他のコンテンツ