まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福井
吉田知志

住まいの安心と快適を守る屋根・外壁・雨どいのプロ

吉田知志(よしだともゆき)

株式会社 吉光工業

お電話での
お問い合わせ
0776-54-0706

吉田知志プロのコラム一覧

暑い日が続きます。屋根工事がメインの当社では、太陽の日差しから逃げ場のない戦いの真っ最中です(苦笑)外壁の工事だと、時間帯によって日陰になるので、日陰の場所へと逃げ回りながら工事をするなど、、、そんな工夫もできるのですが。社員のみんなには頑張ってもらってい...

丸岡町で雨漏り修理をしてきた事例。ボルト式折板屋根からの雨漏りでした。この屋根だけ見てもわかりませんが、今回は漏れている場所の天井を外して確認することができたのでその部分へ直行。ここです。他の場所も同じ納まりなのに、なぜもれるのか?それが、ほん...

久しぶりの更新となりましたが、元気に仕事していますよー!昨年末の工事の事例ですが、敦賀市の方からお問い合わせをいただいて、(株)鶴弥さんの石付金属屋根「レコルーフ」にてコロニアル屋根の上からカバー工事をさせていただきました。当社は瓦メーカーの(株)鶴弥さんの登録...

色あせた、コロニアル屋根。塗装、葺き替えもありますが、今回は金属屋根を上から被せるリフォーム。新しい防水紙を敷いて、屋根の防水性もアップします。完成です。 今回の屋根材の特長 1、天然石付:色あせにくく、ナチュラルな仕上がり。2、金属屋...

暑い!ですね!この暑さの中、屋根で作業をしている(株)吉光工業の吉田です。屋根は太陽からの逃げ場がないんですよね~。。動物的本能で日陰を探してしまいます。そんな太陽からの逃げ場のない屋根の熱。屋根を通してジワジワと室内を暑く、暑くしていきます。鉄骨の建物だと、断...

リフォーム工事の場合には、現状をどう判断するか、が一番大事なのではないかと思います。自分たちが関わることの多い屋根・外壁・雨樋の工事でいうと、色があせてきたから、という美観的な話のほかに、雨漏りしたことがある、とか雪が落ちてきて困る、とか金属屋根の雨音が...

サーモカメラを使って、雨漏り箇所の調査もやってます。上の写真は、雨漏りのシミができているので、確認のためにとってみたところですが、次の写真はどうでしょう?これは、写真だけ見ても水が来ているかわからないですが、サーモ画像で見ると、どこから雨...

「前に雨漏りしてたから、塗装をする前に一回みてもらおうと思って」ということで、ご近所の方から相談をもらって見に行ってきました。 屋根について この屋根は、「瓦棒屋根」といいます。30年以上前だと、素材がトタン板(亜鉛鉄板)で、今のガルバリウム鋼板に比べると...

 塗装のはがれているコロニアル屋根 福井は雪がふるので、凍ってガリガリになった雪が落ちる時に、表面の塗装を傷めるケースがよくあります。軒先は、顕著にでますね。 釘が抜けてしまっているコロニアル屋根 下地の木も、呼吸していますので、暑さ寒さによる伸...

屋根、外壁、雨樋の専門工事店、(株)吉光工業の吉田です。今日は、全国各地の瓦屋根業界の有志が集まって作っているホームページのご紹介。瓦屋根の事を調べたり、知りたいときにも有用なサイトを目指して、ブログを更新しています。■屋根修理は屋根セイバーズ当社も声...

結構風の強かった日。「風でバタバタ音がする」ということで、見に行ったら外壁が浮いていました。7割近く釘が抜けていました。元の釘穴を使うと、穴が広がった分だけ弱いので釘を打つ方向を変えたり、釘より太いビスを使ったりと、ちょっと工夫をして元に戻しました。...

先日、当社が代理店として扱っている遮熱材リフレクティックスを使った遮熱の家の内覧会がありました。【過去記事】3/29に、遮熱の家の内覧会があります。http://mbp-fukui.com/yoshimitsu/column/504/家の設計と工事をした千歳工業の田中さんとは仲良しなのです。好奇心旺盛で、いろ...

福井市足羽にて、当社の扱っている遮熱材リフレクティックスを使った住まいの内覧会があります。プレウォール工法によるスケルトン・インフィル住宅、遮熱工法によるエアコン1台で全館冷暖房出来る省エネ星空を見ながらは入れるお風呂など、お客様のやりたいがつまった住まいとな...

過去に書いたブログ記事を読み返していたら、昨年に山口県まで、遮熱の家を見に行った記事がでてきました。遮熱材リフレクティックスを使ったお家。外断熱の家づくりから、さらに良いものを求めていって、遮熱の家づくりへと進んでいった工務店さんの訪問記です。読んでいたら、その...

毛細管現象と雨漏り。コロニアル屋根と板金屋根を工事するときには、このことも意識します。毛細管現象って、聞いたことありますか?Wikipediaには”毛細管現象(もうさいかんげんしょう、英: capillary action)とは、細い管状物体(毛細管)の内側の液体が管の中を上昇(場合によ...

吉田知志プロのその他のコンテンツ

Share

吉田知志プロのその他のコンテンツ