マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

コラム

WB工法体験記⑤~WB工法と高気密高断熱の違い

2022年10月11日

テーマ:WB工法

コラムカテゴリ:住宅・建物

今回から「そもそも何故このような家になるのか」を考えていきます。あくまで私の体験から考えた考察ですので、間違っている内容があるかもしれませんがご了承ください。

実は、先日私とほぼ同じ頃新築した人と話をしました。自宅の冬の室温のことを話すとその人の家はそれほど暖かくなく、暖房は欠かせないそうです。もちろん新しい断熱基準はクリアしているということでした。

コラム「WB工法を採用して10年」にも書いていますが、改めて高気密高断熱との比較です。以下の図はたくさんある高気密高断熱工法の中で最も一般的な充填断熱(柱間に繊維系断熱材を入れる)とWB工法の外壁の断面図です。

WB工法体験記⑤

外壁の裏に空気層(WBでは第一通気層)があることは同じですが、WB工法では発砲系の断熱材を柱の外壁側につけることで、内壁材と断熱材の間にも空気層(WBでは第二通気層)があります。発砲系の断熱材は繊維系断熱材に比べ断熱性能が良いため、繊維系断熱材よりも厚みを薄くすることができます。この厚みが薄い分だけ、内壁側に空気層ができます。

床も同じです。充填断熱工法では床材の下は断熱材ですがWB工法では床材と断熱材の間にも空気層があります。屋根は天井材の上に入れる場合と屋根に入れる場合がありますが、前者は天井仕上げ材の裏、後者は屋根材の下(垂木の間)に入れるのが充填断熱です。WB工法では屋根の垂木の下から断熱材を張ります。断熱材と天井材の間が第二通気層となります。

WB工法体験記⑤-2


上記のように一般の高気密高断熱工法との違いは、第二通気層があることです。

次回は、『WB工法体験記⑥~断熱材の役目』です。


---------1955年以来の信頼と実績---------------------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
-------------------------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share

関連するコラム

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ