マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

コラム

WB工法体験記②~WB工法の説明

2022年9月20日

テーマ:WB工法

コラムカテゴリ:住宅・建物

今回は、WB工法の説明をします。下の図がWB工法の説明図で夏と冬の二つあります。何故二つあるのかが他の工法と異なることです。WB工法は夏と冬で別の断熱工法に変わるのです。

WB工法体験記②

WB工法体験記②-2

図の楕円に囲まれたハットヘルス、バリアヘルス、アンダーヘルスがWB工法の専用部材です。この部材が第二通気層へ空気を送る際に空気量を調整します。この三種類の部材には形状記憶合金のバネがついていて、温度を感知して開閉します。暑い日には全開、寒い日には全閉しますが、バネのため少し暑いと少し開く、少し寒いと少し閉まる、手を煩わせずに勝手に開閉量を調節してくれます。

少しわかりにくいですが、床材の下にも第二通気層があり、ここの空気は図では閉じ込められているようですが、、部屋の間仕切り壁、天井とつながっています。

夏の図を見てください。夏はアンダーヘルスから入った空気がバリアヘルス→第二通気層→ハットヘルス→外へと抜けていきます(図の青い矢印です)。次に冬は各所のヘルスは閉じています。外気は入ってきませんから第二通気層の中で空気は回っています(赤い矢印です)。

以前にお客様から「夏はいいけど冬は閉じていたら空気が汚れるのでは…」と質問されました。私は「冬でも天気が良く気温がある程度高くなればアンダーヘルス、バリアヘルス、ハットヘルスが少しは開きますから大丈夫ですよ」と答えました。冬でも毎日寒い日ばかりではありませんのでその心配はいらないのです。また、バネの力で開閉しますから、少し暖かければ少し開くと調整もしてくれます。

次回から①の続きをしますが、今回の図を時々見てください。

次回は、『WB工法体験記③~夏の室温』です。


---------1955年以来の信頼と実績---------------------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
-------------------------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share

関連するコラム

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ