マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

コラム

相見積もりのムダ2⑩~相見積もりを勧める人は現場を知らない

2021年12月28日

テーマ:見積り

コラムカテゴリ:住宅・建物

Aさんのように工事が違う見積もりでは相見積もりになりません。瓦屋根と金属屋根と二種類の見積もりが出ていて同じ条件でないと相見積もりにはならないのです。

なぜこのようになるのでしょうか。
工事内容を決めているのが、業者だからです。コラム「相見積もりのムダ⑩」(相見積もりのムダ⑩ 参照 )
書いたように依頼する施主側に建築に詳しい人がいて、どんな工事をすればいいのかを決めることができていないのです。

相見積もりの無駄2-⑩

Aさんの生活環境を考えて、工事の方法を修理で行くのか、全面葺き替えにするのかを決め、それが決定してから屋根の材料を瓦か金属に決める、最低でもこれだけのことを考えないと工事内容が決まりません。雨が漏るからとだけ業者に伝えても、バラバラな工事内容の見積もりが出るだけなのです。これでは相見積もりにはなりません。

相見積もりの無駄2-⑩-2

初めに見積もりを出した3業者が、修理の話を出したかどうかわかりませんが、いずれにせよどんな工事を決めるかは先に決めてから相見積もりしないと時間の無駄なのです。

コラム「相見積もりのムダ⑭」(相見積もりのムダ⑭ 参照 )に書いたように業者の選択に時間をかけた方がよいのです。
Aさんの家にずっと来ていて台風が来るからと言って様子を見に来る、施主にとって大事なことは施主のことを考えているかだと思います。そして、確かな工事をしてくれることが一番大事なのです。
相見積もりすれば、誰でも費用を抑えたいため価格が安い見積もりを選ぶと思います。価格が安ければ工事もいいとは限らないのです。

次回は、『夏型結露2①~床にシミ』です。


---------1955年以来の信頼と実績---------------------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
-------------------------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share

関連するコラム

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ