マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

コラム

住宅の健康⑩~乾かないことが問題

2021年9月7日

テーマ:結露

コラムカテゴリ:住宅・建物

このコラム①でA氏の本に書いてあった「昔は人が寒さに凍え、夏は汗をかいていた。今では人の代わりに家が寒さに凍え、夏は汗をかいてくれています。」で気になったのは、高気密高断熱を勧める人は建物が傷まないかは全く考えていないことでした。A氏のような考えの人は、高気密高断熱にして閉じ込められた壁の中は、少なくとも構造材に何らかの影響が出ないほどに乾いた状態が保てると考えているのでしょうか。

高気密高断熱にして室温を保てば住む人が健康になるというのはわかりますが、構造材が傷んでいわゆる病気になった家で住む人が本当に健康な生活を送れるのでしょうか。水蒸気が一年中壁の中にいると、木材はカビ、腐朽菌などが発生して傷んでいきます。特に集成材の場合、接着層に水蒸気が入っていけば、剥離の原因になっていきます。構造材が傷むのですから強度が下がります。
私は内部結露した家に住む人が健康で生活できるとは思えません。

昔の日本の家は和室が中心でした。和室は柱が見えている、つまり、絶えず空気に触れていました。乾くようになっていたのです。木材は濡れても乾けばいいのです。ところが、現在は大壁がほとんどで柱は見えないためその状態はわかりません。乾かずにずっと結露していてもわからないいえなのです。

住宅の健康⑩

家が代わりに暑さ寒さに耐えてくれる、それで家が傷まないという確かな根拠がないのなら高気密高断熱住宅は勧められないのではないでしょうか。

次回は、『住宅の健康⑪~風通しが良い家しか残っていない』です。


---------1955年以来の信頼と実績---------------------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
-------------------------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share

関連するコラム

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ