マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

夏型結露⑦~通気層がある理由

2019年9月10日

テーマ:結露

下の図は⑤のbをモデルとしています。
外壁のサイディングのつぎに通気層があります。通気層ですから空気が通るようになっていて外壁の下端から外気が入り、空気は上に上がり軒天などから排気します。

外壁材の裏に空気層があると万一外部から雨が入っても、空気層があるため壁の中に入りにくくなります。小量の雨なら空気層で乾いて傷むことを防ぎます。

もう一つの役目は、冬に室内の高温多湿な空気が壁の中に入った場合、温度の低い外壁に向かっていきますが、空気層があるため排出されます。外気が低温小湿なら、空気層で乾いていきます。⑥に書いた冬の内部結露を防ぐのに有効なのです。Aには通気層がありませんから、水分が入ると乾燥することはないと思います。


夏型結露⑦

次回は、『夏型結露⑧~透湿防水シートとは』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share
関連するコラム

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ