まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
加藤雅子

幼児・小学生の「使える」英語の教育者

加藤雅子(かとうまさこ)

ECCジュニア犬山上坂教室

コラム

英語学習用ノートの作り方(小学生・中学生編)

英語学習のこと

2014年10月21日

はじめまして、こんにちは。
ECCジュニア犬山上坂教室 加藤雅子です。

学習・勉強というのはどれだけやったのか分かりにくいものですよね。
見えにくいもの、計りにくいものこそ視覚化して、自分の努力の結果を
形にしましょう!

まずは英語ノートの作り方です。
学校の教科書と授業を聞いて、ノートにまとめれば、
自分専用のサブテキストが作成できちゃいます。

ノートはどんなものでもOKですが、もし可能なら罫の広い方が
見やすいです。(英語罫なら10~13段、通常ならUまたはUL)

作り方は2パターンあります。
自分にはどちらが合っているか考えてみてください。
1冊まとめタイプ:ALL in ONEで学校に持っていきたい!2冊なんて重い!
2冊まとめタイプ:単語と本文でページをぺらぺらするのが嫌!見やすさ一番!

1冊まとめタイプの作り方

今回は1冊まとめタイプをご紹介します。

見開いた状態は下図をイメージしてください。

実際に書くとこんな↓↓感じです。
書くポイントは「余白をたっぷり!」です。
ちまちま細かく書くと後から追記できなかったり、
見間違えて、間違って覚えてしまったり。。。
残念な結果にならないためにも、惜しまずノートを使ってみてください。
P.1

P.2

P.3

P.4


あくまでも一例なので、どんどん自分で使えるノートに
工夫・改良してください。

次回は分冊タイプのノートをご紹介します。
お楽しみに!

この記事を書いたプロ

加藤雅子

加藤雅子(かとうまさこ)

加藤雅子プロのその他のコンテンツ

Share

加藤雅子プロのその他のコンテンツ