まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
加藤雅子

幼児・小学生の「使える」英語の教育者

加藤雅子(かとうまさこ)

ECCジュニア犬山上坂教室

加藤雅子プロのご紹介

五感を使った指導で子どもたちに“使える”英語を教える英語教師(1/3)

ECCジュニア犬山上坂教室 加藤雅子

3~4人の少人数制で“使える”英語を楽しくレッスン!

 「幼少時から英語を使い始めることで、英語と日本語が同じレベルで使える脳が育まれるんです。子どもは3歳ぐらいになると、自分の気持ちや考えを発信できるようになるものですが、英語を学んでいる子は、知っている言葉であれば日本語も英語も同じように使うことができます。例えばリンゴを指して「これは?」と聞くと「リンゴ」という言葉が返ってくるように、“What's this?”と聞けば、即座に“An apple!”と返ってくる。そのぐらい自然に、テンポよく会話のキャッチボールができるようになるんです」

 親しみやすい笑顔で話してくれた加藤雅子さんは、犬山市にある自宅で「ECCジュニア犬山上坂教室」を開講中。幼児から小学生まで、1クラス3、4人の少人数制で、生徒の集中力を高めながら、日々“生きた”英語や英会話を教えています。

 加藤さんの教室では、4~5歳児、小学1~3年、4~6年と、それぞれの年代に合わせ、聞く、話す、読む、書くという4つの力をバランスよく育成するECCジュニアの学習プログラムを採用。学習要素をふんだんに取り入れた楽しいレッスンは、子どもたちにも好評です。「幼児から始めて中学卒業まで続けると、英語で話しかけられたら自然と英語で応えられるレベルにまで到達します。英検だと、だいたい準2級レベル。英語が苦手な子も、楽しんで参加しているうちに、いろんなことができるようになるんです。卒業後、遊びに来てくれた子の中には『実は英語が苦手だった』と当時クラストップだった子のビックリ発言も(笑)。『だけど、ここで勉強して良かった』とか『すごく役に立ってる』と聞くと、この仕事をやっていて良かったって思います」

加藤雅子プロのその他のコンテンツ

Share

加藤雅子プロのその他のコンテンツ