マイベストプロ東京
清野充典

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

清野充典(せいのみつのり)

清野鍼灸整骨院

お電話での
お問い合わせ
042-481-3770

コラム

東洋医学とは何か 12 -漢方の1つ柔道整復治療と整骨科-

2019年3月15日 公開 / 2019年3月23日更新

テーマ:東洋医学とは何か

 こんにちは、京王線新宿駅から特急15分調布駅前にある清野鍼灸整骨院の院長清野充典です。当院は、鍼灸治療、柔道整復治療、瘀血吸圧治療、ヨーガ療法等の東洋医学に基づいた治療を、最新の医学と最先端の医術を基に、診療を行っています。

 私は、順天堂大学大学院医学研究科の医史学研究室に在籍しています。東洋医学について長年研究をしてまいりましたので、東洋医学についてコラムを書いています。

 江戸時代まで「本道(ほんどう)」と呼ばれていた鍼灸治療、薬草治療、整骨治療、按摩治療等の医療は、明治期に「漢方」と呼ばれるようになりました。明治17年(1884年)1月1日に行われた第1回医術開業試験以降、明治政府は西洋医学一辺倒になりましたが明治44年(1911年)8月14日には「鍼術灸術営業取締規則」と「按摩術営業取締規則」が制定され、漢方の一つである鍼灸術や按摩術(あん摩)は、正式に国家の医療として復活しました。

 按摩治療の一部である骨折・外傷に対して瀉血し包帯術を行う医術は、江戸時代に「整骨医」や「接骨師」が行っていました。その当時の医術はとても高い水準にありましたが、決して中国医術一辺倒ではありませんでした。16世紀に南蛮医学が日本に入り、オランダより西洋の医学・医術が少しづつ入り始め、1754年に山脇東洋が日本で初めて解剖を行い、1759年に『蔵志』という解剖学書を出版したことがきっかけとなり、1774年に『解体新書』が出版されてから、日本では西洋医学が盛んになりました。

 この時代、骨折や脱臼を治す技術は「整骨」と呼び、医者は「整骨医」と言われていました。整骨医は、接骨師とともに、徒手整復術今の柔道整復術を用いて治療を行っていましたが、骨折等の重病患者には状態により局部麻酔をかけていました。麻酔薬として使用していたのは薬草を組み合わせたものです。1804年10月13日に華岡青洲が行った全身麻酔薬も、「通仙散(つうせんさん)」別名「麻沸散(まふつさん)」という薬草ですが、その40~50年前にはすでに麻酔薬を用いて外科手術を行っていました。整骨医は、中国医術に西洋医術を取り入れ、よりよい医術を作り出していました。

 解剖学も、従来の中国からもたらされた医書(解剖図)との融合を図り、日本化が進みました。1800年代前半には、西洋医学と本道(漢方)は医術の両輪となり、双方を学ぶ医者が増えていきました。

 明治7年(1874年)に医制が始まった際、整骨医は暫定的に医師と認められましたが、「整骨科」と標榜することを義務付けられました。漢方医術と西洋医術が融合した外科手術を、はっきり区別することが出来なくなっていたため、明治政府は整骨医の扱いに苦慮していたと考えられます。

(つづく)     
       
 東洋医学・東洋医療に関して、すぐに詳細をお知りになりたい方は、清野鍼灸整骨院ホームページ「東洋医学の辞書サイト」やブログをご覧頂きたく思います。「アーユルベーダ」の一つであるヨーガについては、「清野充典の東洋医学ひとりごと」のブログに掲載しています。
  
   清野鍼灸整骨院HP  http://seino-1987.jp/
   清野充典の東洋医学ひとりごと https://seino1987.tamaliver.jp/c19872.html

平成31年3月15日(金) 
 東京・調布 清野鍼灸整骨院
  院長 清野充典 記

【東京・調布 清野鍼灸整骨院】

院長:清野充典 中国学修士・鍼灸学士・社会福祉学士
   はり師 きゅう師 柔道整復師 社会福祉士 精神保健福祉士 介護福祉士

開設記念日 1987年(昭和62年)2月2日(月)

場所:東京都調布市布田1-45-1 CIELOビル3階
   (京王線調布駅東口北側目の前 新宿駅より特急15分2駅目)

3階総合受付
  外来専門診療室      
   鍼灸総合治療室・整骨接骨治療室
     鍼灸内科      骨折     
     鍼灸外科      脱臼
     鍼灸整形外科    捻挫
     鍼灸婦人科     打撲
     鍼灸小児科     挫傷
     鍼灸心療内科    スポーツ外傷
     鍼灸精神科
     鍼灸神経科
     鍼灸老年科
     鍼灸難病科

受付時間:平日午前9:00~12:00 
       午後3:00~ 7:00
      木曜午前 ヨーガ教室    
       午後1:30~5:30
     土曜午前9:00~12:00  
       午後3:00~6:00 
 休診日:木曜午前・日曜・祝日 
 電話番号:042-481-3770

【東京・府中 清野鍼灸整骨院 府中センター】

開設記念日 1991年(平成3年)4月6日(土)

場所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     (京王線東府中駅より徒歩3分 旧甲州街道沿い)

院長:吉田卓司 鍼灸学士
   はり師 きゅう師 柔道整復師  

受付時間:平日午前9:00~12:00 
         午後3:00~7:00     
      土曜午前9:00~12:00 
         午後3:00~6:00 
休診日:木曜・日曜・祝日  
電話番号:042-335-3770

【清野治療所創業記念日】 1946年(昭和21年)10月5日(土)創業73年目

この記事を書いたプロ

清野充典

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

清野充典(清野鍼灸整骨院)

Share
関連するコラム

清野充典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-481-3770

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清野充典

清野鍼灸整骨院

担当清野充典(せいのみつのり)

地図・アクセス

清野充典プロのコンテンツ