まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
安達昌人

POP広告の実習指導が好評の商業コンサルタント

安達昌人(あだちまさと)

東京販促実践研究所

お電話での
お問い合わせ
03-5888-5758

コラム

カラーボードで看板POP作り

売場の看板(パネルPOP)を手軽に作製

2014年7月22日 / 2014年7月31日更新

売場の看板(パネルPOP)を手軽に作製

●催事案内やコーナー表示のパネルPOP

コーナーサインや催事などを告知して、天井空間に取り付けられるパネルボードは、シーリングPOPとして注目性高く、活気づくりの役目も果たします。
量販店など枚数の多い場合には、デザイン会社などによって作製されていますが、少数なら、自店でも手作りできます。その際には、軽い素材のスチレンボードや、カラフルな「カラーボード」が便利です。
カラーボードは、一般にはホビーの工作材料として使われますが、店頭では切り文字を貼ったパネル看板や、立体ディスプレイなどにも活用。色数が豊富で軽量、加工が簡単、しかもレリーフ(浮き彫り)調の立体感が生まれ、マーカーやポスターカラーで書き込みもできて、ユニークなPOP広告作りに好適な素材といえます。

◆カラーボード用品いろいろ

カラーボードは、発泡スチロールの両面にシルク印刷で着色したボードです。画材店、DIY店、ホームセンターなどで購入できます。例えばその一つの「ニューカラーボード」(アルテ)は、のカラーバリエーションは30色、厚さは5ミリ(土台に使うなら7ミリ厚を)で、サイズもB1判からA3判まで揃っていて、価格はおよそ、B2判で800~900円、A2判で600~700円。
カッティングは、発砲スチロール製なのでカッターナイフでも容易に切れますが、文字やデザインを切り抜くには、熱線カッターが便利です。さまざまな専用カッターが市販されていて、手軽に使うなら「ハレパネ熱線カッター」(プラチナ)など。糸鋸の刃の部分がニクロム線で、発泡スチロールを高熱で溶かしてカットするもの。単一の乾電池を2本使い、価格は販売店価格でおよそ1,300~1,500円です。

◆タイトル文字の型紙を作成

 春のブライダルセールのパネル看板を作ってみましょう。先ず型紙を作成します。タイトル文字は手書きでも、また、パソコンのワードのフォントでも良いでしょう。ここでは、Wordの「ワードアート」を活かして「ブライダル」と入力、フォントは「HGP創英角ポップ体」、フォントサイズは120pt、太字の「B」を指定して使っています。同じ要領で「ことぶきセール」も作成。

◆カラーボードのカッティング

ここでは、先端が金属製の電源コード付きの熱線カッターでカラーボードをカット。下にガラス板を敷いて、適当に切った大きさのボードの上に、型紙から一文字ずつ切り抜いた字体を弱粘着テープで留めてカッティング。先端の金属部が高熱になるため、手がヤケドしないように注意します。

◆ボードに文字の貼り付け

 切り抜いた文字を、台紙のボードに両面テープ(またはボンド糊)で貼り付けます。全体のバランスを考えながら配列。ここでは、白いスチレンボードに赤や緑の文字を貼り付けていますが、台紙を赤や緑にして、白い文字を貼ればまた違った効果が生まれます

◆パネル看板の出来上がり

 切り文字を貼り付けたら、マーカーでキャッチコピーなどを書き込み、さらに、カラーペーパーを切って作った「重ね梅」のワンポイントカットも添えて、婚礼セールの雰囲気を出してみました。こうして、レリーフ調のパネル看板の出来上がりです。シーリングPOPばかりでなく、エンド陳列の上部に、壁面に、またふだんの推奨商品のPOP広告としても活用できます。


この記事を書いたプロ

安達昌人

安達昌人(あだちまさと)

安達昌人プロのその他のコンテンツ

Share

安達昌人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5888-5758

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安達昌人

東京販促実践研究所

担当安達昌人(あだちまさと)

地図・アクセス

安達昌人プロのその他のコンテンツ