マイベストプロ大阪
越野泰明

ジュエリーをよみがえらせる専門家

越野泰明(こしのやすあき)

相談できる「宝石屋さん」-箕面のちいさな宝石屋-

コラム

オーダーメイドジュエリーの楽しさ

2019年6月27日

テーマ:オーダーメイドジュエリー

宝石のリフォームをお考えの方は、

まず最初に、

色々なお店のホームページを見て、過去のリフォーム事例であったり、
デザインを見ながら研究されることかと思います。

実際、店頭に足を運ぶと、実際、デザイン見本を試着させてもらったり、
そしてデザインカタログなどを見せてもらうことができます。

この流れの多くは、「セミオーダー」でのジュエリーリフォーム。

つまりは既に決まった既成のデザイン枠があって、その枠を使って
リフォームするもの。これを「セミオーダー」と言います。

具体的な数字まではわかりませんが、恐らく日本国内でジュエリーをリフォームする方の80%ぐらいはこの「セミオーダー」でリフォームされてるのではないでしょうか。

一方、残りの20%は「フルオーダー」。つまりオーダーメイドで新たなデザインをお作りするタイプのジュエリーリフォームとなってるかと思います。

このオーダーメイド。極端に言えば、お客様の思うがままにジュエリーを作ることができると言っても過言ではないと思います。

お客様が思ってるイメージをデザイン画におこしてお作りする。

とは言っても、「思ってるイメージ」をアウトプット(書き出す)ことって難しいことかと思います。

そこで活躍するのが、世の中の女性誌であったり、ジュエリーの雑誌など。

お気に入りのデザインが見つかれば、ぜひ切り抜きなどをして、お持ちの素材(宝石)と共にショップにご相談の際に持ち込んでみてください。

きっと、スムーズに対応してくれることかと思います。

当店の最近の事例をご紹介すると、





こちらがお客様がお持ちになったメレダイヤ。

そして、お客様がご持参いただいたのがこちらの画像。




とあるブランドのデザインなのですが、このイメージで
ペンダント作りたい。とのご相談でした。

このようにある程度のイメージがわかれば、
ジュエリーの職人も非常に作りやすいものです。




実際にできあがったペンダントはコチラ。

イメージ通りに完成したと、とても喜んでいただくことができました。


ぜひ、皆さまも普段から雑誌などを見て気になるデザインがあれば、
写真などに収められてはいかがでしょうか?

そのようなアイデアから、いつか貴方のお気に入りのジュエリーが
作れるかもしれません。

この記事を書いたプロ

越野泰明

ジュエリーをよみがえらせる専門家

越野泰明(相談できる「宝石屋さん」-箕面のちいさな宝石屋-)

Share
関連するコラム

越野泰明プロのコンテンツ