まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
小野進吾

相続対策に精通した保険のプロ

小野進吾(おのしんご)

株式会社ソニックジャパン岡山支店

お電話での
お問い合わせ
086-803-5501

コラム

生命保険を使った相続対策 NO2 (90歳まで入れます)

2014年10月5日

子供がいない高齢の夫婦の相続を考えます

夫(80歳)妻(78歳)の二人暮らし。子供なし。両親は10年前に他界。
夫の兄弟は夫を入れて5人。夫は末っ子。

兄弟も全員他界しています。(こんなケース良く散見します)
ただし兄弟の子供、甥や姪が全部で10人います。

夫の財産は自宅2000万円(時価評価額 5000万円) マンション5000万円
有価証券3000万円 預貯金1億円 合計2億円

相続は平成27年1月1日以降に発生するものと仮定します

(問題点)
1.妻3/4   甥・姪10人で1/4 (1人あたり 2.5%)
  何もしなければ、甥や姪に 2億円*1/4=5000万円
   (一人当たり 2億円*2.5%=500万円)

   ⇒ 必ず遺言書を作成すべきです 「全財産を妻に相続する」
   ⇒ 甥や姪に相続財産がを渡す必要がなくなります(兄弟姉妹には遺留分の権利なし)

2.基礎控除が下がります

  現行 5000万円+1000万円*11人=1億6000万円
  ⇒改正案 3000万円+600万円*11人=9600万円(▲6400万円)

   今までは 2億円-1億6000万円=4000万円に対する 相続税
   改正後  2億円-9600万円=1億400万円に対する 相続税 

*対策案
1.遺言書は絶対条件 「妻にに全額財産を相続させる」
2.生命保険を使ってこんな対策もできます

  90歳まで加入できる 生命保険一時払終身保険に加入します

   生命保険には 非課税枠があります
   (夫がなくなって受取る死亡保険金には税金がかからない制度です)
 
  500万円*法定相続人 までは死亡保険金を受取っても非課税(税金がかかりません 相続税法12条)

  今回のケースでは 法定相続人 11人(妻+甥・姪10人)
 
  500万円*11人=5500万円 (非課税 相続税がかかりません)

 (結論です)
  1億円の現金 ⇒ 一時払終身保険 生命保険 5500万円に 移動させるだけで

 ● 相続財産が減ります
   2億円 ⇒ 1億4500万円 (生命保険5500万円が非課税財産にシフトされるから)
   1億4500万円-9600万円(基礎控除)=4900万円(課税財産)
   4900万円の財産に相続税が課税されます

   当然相続税も節約されます。

   一度ご検討されたらいかがでしょうか?

この記事を書いたプロ

小野進吾

小野進吾(おのしんご)

小野進吾プロのその他のコンテンツ

Share

小野進吾プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-803-5501

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小野進吾

株式会社ソニックジャパン岡山支店

担当小野進吾(おのしんご)

地図・アクセス

小野進吾プロのその他のコンテンツ