マイベストプロ新潟
  1. 男性の育児休暇取得が一般的になれば子どもの数が増えると思います!
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ) / ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

男性の育児休暇取得が一般的になれば子どもの数が増えると思います!

2019年9月21日

コラムカテゴリ:お金・保険

新潟放送の夕方のニュースで消費税増税の取材をうけました!

今週はBSN新潟放送の取材が入り
夕方のニュースで放送されました。
お見苦しい映像を見ていただいた方
ありがとうございます。

男性の育児休暇、
みなさんの職場ではいかがでしょうか?
男性が取れるようになって
ずいぶん時間がたつような気がします。

男性の育児休暇は
有給休暇よりハードルが高そうです。
有給休暇は長くないですが
育児休暇はいろんな取り方があります。

世の中は少子高齢化。
子どもの数が増えません。
子どもを産む女性が少ないです。
結婚する女性が少ないです。
最近の進次郎、滝クリの結婚報道は
他人ながらうれしかったです。
そんなに若くなくても
結婚して子どもを授かることができたら
とても幸せだと思います。
独身の女性たちは
考えていただければと思います。

女性の結婚、出産を
思いとどまらせるものが
たくさんあります。
家事育児がすべて女性に
のしかかるという現実。
とても不安です。

バリバリ仕事をしていたのに
育児休暇を取ることや
時間短縮勤務でポストが変わり
今までの積み上げたキャリアが
無駄になるという可能性もあります。
救いは夫のお手伝いです。
子どもは妻が生んでいるけれど
妻だけのものじゃないし
妻だけが育てるものでもない。

夫は育児のお手伝いをするのではなく
主体的に活動するべきだと思います。
赤ちゃんが生まれたら
経済的な責任だけではなく
育児の義務ももれなくついてきます。
育児休暇がどのような形でも
夫の育児参加で
いろんな収穫があります。

子どもの世話が自分できちんとできれば
妻の出張、入院など不在に耐えられます。
妻がどのくらい大変かもわかります。
育児仲間もでき、新しい世界が広がります。
子どもとの関係も深くなります。
大事な思い出が作れます。
子育てに参加していないと得られません。

日本中の人が、男性の育児参加に
肯定的になれば
男性の育児休暇の取得は
増えてくるはずです。
育児休暇取得が一般的になるのが理想。
そうすればきちんと子どもの数が
増えてくるはずです。
発想の転換が大事です。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

ライフプラン、悩んだら
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-japan.com/niigata/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(ファイナンシャル・プランナー 石井順子)

Share

石井順子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1404-7204

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石井順子

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

担当石井順子(いしいじゅんこ)

地図・アクセス

石井順子プロのコンテンツ