マイベストプロ香川
小山真梨

子どもの自尊心が輝き出す音楽教育のプロ

小山真梨(こやままり) / 音楽家

小山真梨音楽教室

コラム

【音大・音高・宝塚受験対策講座】ピンポイント対策でラクに攻略♪

2022年2月7日

テーマ:宝塚受験・音大受験

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 大学受験 対策高校受験 勉強法勉強法 おすすめ

苦手には理由が!


理由を見つけてピンポイント対策!


苦手には理由が!
その理由を見つけてピンポイント対策で、
誰でもソルフェージュがラクになります♪



音大受験 音高受験 大学受験 高校受験 ソルフェージュ 新曲視唱 受験対策 苦手克服 香川県音楽教室 香川県ピアノ 香川県声楽 香川県リトミック オンライン個別レッスン

こんにちは。
小山真梨音楽教室です。

ソルフェージュ、
私も学生のころとってもにがてでした。

私が学生の頃は、
「何でこれが出来ないの?」
と先生に言われるだけで、
対策法は、
ただひたすら、
聴音は、
自分で録音して1週間後にそれを解く
新曲視唱は、
とにかく本を買い漁り、
何度も何度も色んな問題を歌う
みたいな、
闇雲な練習法しかありませんでした。

聴音は、
毎日何問か録音して、
1週間前に録音した問題を解く。
ことを続けているうちに、
かなりマシにはなりましたが、
根本的に自分の中の何が問題点で、
何が壁を作っていて出来ないのか、、、
それが見えなくて、
本当に苦労しました。

その苦労があったからこそ、
苦手だったからこそ、
生徒さんが陥ってしまう落とし穴、
めちゃくちゃ共感できるのですよね。

学生の頃の自分の経験と、
今の自分の状態と、
生徒さんの歌い方や捉え方、
この3つを分析することで、
ピンポイントで、
『どうしてこれが苦手なのか』
が分かるので、
学生の頃にされた、放り投げ指導にも、
今では感謝しています。

それがなければ、
分析するためのネタが不足していて、
今の指導法ができていませんから(笑)

さて、
先日の高校1年生の生徒さん。

「先生、この高いレの音が
学校の授業でどうしても取れなくて、、、」
と持ってきてくれた新曲視唱の楽譜。

聴いてみると、
レ→高い#ド→高いレ
の部分の高いレのピッチが
合っていませんでした。

#ドとレの間が生徒さんの
ボイスチェンジの場所だったからです。

こういう場合は、
レのポジションで#ドを歌ってあげると、
バチッと音がハマります。

生徒さん、その説明を受けると
その後はバッチリ歌えていました。

音が頭では理解していても、
出した声が何だか違う。。。

そんな時は、
自分の声の性質が、
どこでボイスチェンジを起こすのか、
を知っておくのはとても大切です。

ボイスチェンジの場所は、
ずっとそこで固定では無いので、
普段から自分のボイスチェンジの位置が、
今どこなのかを気にすることも大切ですね!

文章で書くと、
とても難しい事のように感じますが
私のレッスンでは、
5〜10分でこういうの完結します。

なので、無駄なくラクに、
ピンポイントで対策が取れて、
自分の状態を知る事で、
闇雲に時間をかけて練習する事なく、
確実にしっかり力をつけていただいています。

対面コース・オンラインコース共に、
年間44回レッスン
30分コース月8000円
1時間コース月15000円

入会金3000円

にてご案内しております。

レッスンの空き枠
わずかとなっておりますので、
ご希望の方は、
ご希望の曜日と時間帯を添えて
お問い合わせください。

法人様・個人様向け講師養成講座開講中

先生も子どもたちも、ラクに笑顔で生活発表会に向けての準備ができて、
保護者も魅了してしまう。
クラスの中にハンデを抱える子がいても、全員が笑顔で合奏できる。
鍵盤ハーモニカも、子どもたちが楽しく自ら練習し、
ラクに息の合った演奏に仕上がる。
魔法のような『小山メソッド』が盛りだくさんの、
講師養成講座開講中。
くわしくはお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

小山真梨

子どもの自尊心が輝き出す音楽教育のプロ

小山真梨(小山真梨音楽教室)

Share

関連するコラム