まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

徘徊対策の現状

仕事のはなし

2013年10月9日

友人から問い合わせがあった。
80代の義父の認知症がすすみ、徘徊がたびたびあるという。
今のところ、一人で家には帰ってこられるそうだけれど、一度だけ、
デイサービスから出てしまい、1時間以上捜索して、なんとか見つかった・・・
ということがあったらしい。
キョロキョロしながら歩いているところ、たまたま通りかかった消防隊員が声をかけると、
「家に連れて帰ってほしい」と自分から言って、デイのカバンに入っていた連絡帳の住所に連絡が入り、
無事に帰宅できたとのこと。

今後症状が進み、いつ、どんな格好で出てしまうかわからなくなった場合のために、
GPS機能のついた靴などが無いか探している・・・という相談。
GPS機能の携帯電話であったり、位置検索端末などが自治体の徘徊対策として貸出しがあったり・・・
ということは、調べたらしいが、端末の大きさからして(手のひらにのるぐらい)、
本人が気づかないところに忍ばせることは難しいし、忍ばせたモノを必ず身に着けるとは限らない。
心臓疾患のため、ペースメーカーが入っているので、できるだけ心臓から離れたところに装着する必要があるので、靴に入れられる端末などがあればいいのだけれど・・・という。

「GPS機能が付いた靴」というのは、発想としては、ナイス。
アメリカでは2011年に商品化されているが、日本ではまだなよう。
(検索すると一件あったが、電話をしてもつながらない・・・あやしい・・・)

認知症の相談窓口として、厚生労働省のホームページにのっていたところに電話してみた。
実際のケースとして、どういった対応、工夫をされているのか、最新の情報を教えてほしかったので。

GPS端末は、認知症がすすむと、携帯することが難しい。
気になって、取り外してしまったり、失くしたりすることが多いという。
衣服、靴などの、できるだけ本人の気づかない位置に、名前と連絡先を書いておく。
書いたモノを縫い付ける → ワッペン
貼り付ける  → シール
・・・といった回答。
こちらから居場所を探すといった「積極的」な方法ではなく、
見つけてもらって知らせてもらう・・・という「受け身」な方法・・・
しかも、とてもシンプルというか、アナログな方法でした。

うちも母が行方不明になったことがある。
夕方いなくなってしまい、翌朝、8kmほど離れたところで見つかった。
無事に帰ってこれたのは、奇跡的・・・

当時、いろいろ考えて探して、結局、上記の方法しかなくて、
それから5年たった今でも、実際のところ何も変わってないんやな・・・と改めて知った。

もちろん、GPS端末をちゃんと持っていて、早期発見されたケースもあるので、
科学、技術の進歩は活かされているともいえる。
けれど、端末のメンテができなかったり、携帯すること自体が不可能な場合は、
やっぱり、原始的な方法しかないようだ。

まずは、そう伝えた。
友人は、現状がわかって、よかったという。
今、できることをやってみるという。
端末がペースメーカーにどの程度の影響を与えるのかは、機器によって異なるので、
照合してみないとわからない・・・という医療機関の情報も得ていた。


このテーマ、今後も追っていきます。

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

関連するコラム

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ