マイベストプロ神戸

[グルメ・料理]の専門家・プロ …5

兵庫県のグルメ・料理の専門家・コンサルタント

兵庫県を拠点に活動しているグルメ・料理の専門家・プロのプロフィールや実績、費用をチェックしたり、コラム、口コミ、評判などからサービス内容を確認したり。グルメ・料理に関するさまざまな情報を得ることができます。 イートインだけでなくデリバリーやテイクアウトを始めた飲食店をはじめ、メニューに趣向を凝らしたお弁当店やデリショップ、多彩な味が揃うコーヒーや日本酒の専門店と、食卓を彩るさまざまなサービスが展開されています。 職人の技で仕上げるパンやスイーツ、産地から届く新鮮な野菜や果物、魚介類などは、ネット通販に対応しているところもあるのでお取り寄せができます。また、体に優しい自然食品、各地域の特産品を提供する専門家・プロも探すこともできます。 また、「おいしい料理、パンやスイーツを自分で作れるようになりたい」という人に向けて、料理研究家によるレッスンも開催されています。 「自社の商品を全国の人に知ってほしい」という事業主に向けては、商品のブランド力を高めるためのコンサルタントもいます。 兵庫県から広く情報を発信する専門家・プロのサービスなどを活用して、食生活を楽しみましょう。

現在の検索条件

兵庫県×グルメ・料理

フリーワードで絞込み

1~5人を表示 / 全5

小田垣昇

このプロの一番の強み
丹波篠山の黒豆(丹波黒)の生産・集荷・販売に140余年の歴史

[兵庫県/グルメ・料理]

黒豆の栽培指導から販売、普及に140余年の歴史を誇る老舗

 お正月料理に欠かせない黒豆。この黒豆の煮ものは、黒い色が邪気を払う「厄除け」と、黒く日焼けするまでまめに働き、達者に暮らすといった「健康」「長寿」を願う意味があり、おせちの重箱のなかでも一番上の...取材記事の続きを見る≫

専門分野
丹波黒大豆などの加工・卸売業
会社/店名
株式会社小田垣商店
所在地
兵庫県篠山市立町9

堀田周郎

このプロの一番の強み
広告費を抑えたブランドPR活動をサポートします

[兵庫県/グルメ・料理]

企業・商品・人の価値を見出し、その魅力を効果的にPRする方法を提案

 地元ですら無名だった家業の播州ハムを全国ブランドに押し上げ、成功に導いた経験をもつHAM株式会社の堀田周郎さん。堀田さんはマーケティングとブランディングを融合させた『アドバンテージマーケティング』と...取材記事の続きを見る≫

職種
ブランディングコンサルタント
専門分野
ブランディングマーケティング
会社/店名
HAM株式会社
所在地
兵庫県姫路市久保町121

浅井慎哉

このプロの一番の強み
ブランド青果をはじめ種類も豊富な青果をネットで安定的に販売

[兵庫県/グルメ・料理]

安全安心な野菜や果物を1パックから購入できる便利なインターネットショップ

 近年はありとあらゆるものがインターネットで買えますが、生鮮食品となると内容を選べないお任せのパッケージ販売のみだったり、1箱以上でないと購入できなかったり、到着日の指定ができなかったりと、利用の際...取材記事の続きを見る≫

職種
野菜・果物などの通信販売
専門分野
ギフト用フルーツ、青果全般
会社/店名
808青果店
所在地
兵庫県神戸市中央区日暮通5-2-1-302

坂田恵司

このプロの一番の強み
好みを的確に感じ取り、“感動”に繋がるコーヒーを提供

[兵庫県/グルメ・料理]

お客様の要望を的確に感じ取り、新しい発見や“感動”につながるスペシャルティコーヒーを提供

 香り高くおいしいコーヒーは、とっておきのひと時をもたらしてくれます。中でも、コーヒー豆の全流通量のわずか5%未満という貴重な“スペシャルティコーヒー”を販売するのが、神戸市にある「VOICE of COFFEE(...取材記事の続きを見る≫

職種
珈琲豆販売
専門分野
会社/店名
VOICE of COFFEE
所在地
兵庫県神戸市中央区栄町通3-1-17  萩原ビル1F

安藤康典

このプロの一番の強み
1つ1つの工程に丹精を込める熟練の技に強み

[兵庫県/グルメ・料理]

手延べそうめん「揖保乃糸」の味と伝統を受け継ぐ職人

 全国にその名を知られる手延べそうめん「揖保乃糸」。揖保川の清流と良質の小麦、赤穂の塩を使った独特の製法がコシのある食感を生み出し、兵庫県西播磨地方は600年以上にわたりそうめん製造の産地として発展し...取材記事の続きを見る≫

専門分野
そうめんの製造販売
会社/店名
株式会社安藤商店
所在地
兵庫県たつの市新宮町觜崎251

この分野の専門家が書いたコラム

四方竹(しほうちく)。秋のわずかな期間にしか採れない細長いタケノコ

四方竹(しほうちく)。秋のわずかな期間にしか採れない細長いタケノコ

高知の秋の味覚で欠かせないものといえば、この「四方竹」。 中国南部原産の多年生常緑竹で、高知県に入ってきたのは明治10年頃。 南国市白木谷の人が中国から持ち帰ったのが栽培の始まりだと言われています。 春に旬を迎...

秋の味覚といえば?1位はさつまいも、2位は梨!ランキングと名産地をご紹介!

1位 さつまいも スイーツのような甘さなのに食物繊維が豊富!秋の健康を支える食材 さつまいもは、落ち葉が目立ち始める9月から11月が旬の時期です。 秋といえば「い~しや~きいも!やきいも~♪」というやきいも屋さ...

今からでも遅くない!自家焙煎珈琲豆屋(ロースター)でもできる環境に良いこと

今からでも遅くない!自家焙煎珈琲豆屋(ロースター)でもできる環境に良いこと

2021-09-30

    環境に良いこととは?  環境に良いことを考える前に今、地球環境で何が起きているかを知る必要があります。思いついただけでも地球温暖化、海洋汚染、食料問題、ゴミ問題など環境問題をインターネットで検索するとあらゆ...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

令和納豆がクラウドファンディングの返礼で支援者とトラブル、企業の魅力を伝えるブランディングに問題が?

令和納豆がクラウドファンディングの返礼で支援者とトラブル、企業の魅力を伝えるブランディングに問題が?

クラウドファンディングの仕組みの問題とは別に、多くの人に企業理念を伝えることの難しさがあるようにも見えます。企業のブランディングとは何か、ブランディングコンサルタントの堀田周郎さんに聞きました。

「いきなり!ステーキ」社長のメッセージに賛否 ブランディングの視点から見た問題点とは

「いきなり!ステーキ」社長のメッセージに賛否 ブランディングの視点から見た問題点とは

「いきなり!ステーキ(運営・ペッパーフードサービス)」の店頭に張られた一瀬邦夫社長直筆の「お願い文」がネット上で話題になっています。なぜ炎上を招いてしまったのでしょう?ブランディングの点から解説します。

今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?

今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?

2019-07-10

今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?

兵庫県のよく見られている地域からグルメ・料理の専門家を探す