マイベストプロ北海道

[相続]の専門家・プロ …4

北海道の相続の専門家・プロ

北海道に事務所を構える「相続」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

北海道×相続

フリーワードで絞込み

1~4人を表示 / 全4

この分野の専門家が書いたコラム

軽症頭部外傷(mTBI)後の高次脳機能障害

2018-11-11

 高次脳機能障害の認定基準   以前、ここのコラムで、高次脳機能障害について書いたことがあります。  高次脳機能障害とは、脳の損傷により、知覚、記憶、言語、学習、思考、判断などの認知機能に生じる障害のことをいいま...

【女性向け】夫や親が死亡したあと、相続の手続きがわかる本を出版しました!

【女性向け】夫や親が死亡したあと、相続の手続きがわかる本を出版しました!

2018-09-28

夫や親の亡きあと、自分の生活を守る知恵を満載 『女性のための相続の手続きがきちんとわかるハンドブック』 が主婦の友社より、2018年9月3日に出版されました。 残念なことですが、家族が亡くなると、悲しんでばか...

季節的業務の雇用延長後に解雇をする場合、予告は必要?

2018-07-26

【相談内容】 海水浴場などでの季節的業務を行うため、2ヵ月の契約で新たに従業員を雇い入れました。 その後、夏日が続いた影響で浴場経営を継続させることになり、従業員の雇用期間をさらに3ヵ月間延長しました。 ...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

殺害予告で逮捕者続出!脅迫罪や業務妨害罪の判断の分かれ目

殺害予告で逮捕者続出!脅迫罪や業務妨害罪の判断の分かれ目

2015-10-17

中学3年生の男子生徒が、学校の校長に対して殺害予告を行ったとして脅迫の疑いで逮捕された。この事件だけでなく、近年、殺害予告による逮捕者が続出している。どんな内容の脅迫が罪となるのか、弁護士が解説する。

現行法では不十分?お酒の激安販売規制の動きに疑問

現行法では不十分?お酒の激安販売規制の動きに疑問

2015-05-10

お酒の激安販売を規制するため酒税法などを一部改正する動きが。「酒税の円滑な徴収が阻害される」「一般の酒販店を保護する」といった目的があるが、「現行法では不十分」という明確な根拠があいまいと弁護士。

告知されない場合も?事故物件の曖昧な境界線

告知されない場合も?事故物件の曖昧な境界線

2015-05-04

「居住者がその場で亡くなった」など問題点を抱えている事故物件。法律的に所有者に明確な規定はないが、判断は過去の裁判例を見ても画一的な水準は見出せないため、紛争予防のため「正確な事実の告知」を行うべき。

エリアを絞り込む

  • 北海道