マイベストプロ北海道

[相続]の専門家・プロ …7

北海道の相続の専門家・コンサルタント

北海道に事務所を構える「相続」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

北海道×相続

フリーワードで絞込み

1~7人を表示 / 全7

この分野の専門家が書いたコラム

新型コロナウイルスの影響-賃貸借契約の考え方

 「テナント家賃の支払いを支援する制度について」  と題する資料が経済産業省のホームページに掲載されています。 経済産業省の新型コロナウイルス感染症関連支援策のページからリンクしています。 https://www...

生命保険の見直しは誰にお願いしている?複数の保険会社で見直すことは、メリットしかない!

生命保険の見直しは誰にお願いしている?複数の保険会社で見直すことは、メリットしかない!

こんにちは。 ファイナンシャルプランナーの鈴木淳也です。 今回は、「生命保険の見直しを誰にお願いしている?」についてコラムを書きました。 皆さんは、保険の見直しをどなたにおねがいしていますか? 多くの...

新型コロナで売上半減の個人事業主に朗報!最大100万円の現金給付「持続化給付金」について解説

新型コロナで売上半減の個人事業主に朗報!最大100万円の現金給付「持続化給付金」について解説

 最大100万円の現金給付「持続化給付金とは!?  連日テレビで報道されない日は無いというくらいに感染拡大を続ける「新型コロナウィルス」。 政府は新型コロナウィルスが急速に拡大していることを受けて、「新型...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

殺害予告で逮捕者続出!脅迫罪や業務妨害罪の判断の分かれ目

殺害予告で逮捕者続出!脅迫罪や業務妨害罪の判断の分かれ目

2015-10-17

中学3年生の男子生徒が、学校の校長に対して殺害予告を行ったとして脅迫の疑いで逮捕された。この事件だけでなく、近年、殺害予告による逮捕者が続出している。どんな内容の脅迫が罪となるのか、弁護士が解説する。

現行法では不十分?お酒の激安販売規制の動きに疑問

現行法では不十分?お酒の激安販売規制の動きに疑問

2015-05-10

お酒の激安販売を規制するため酒税法などを一部改正する動きが。「酒税の円滑な徴収が阻害される」「一般の酒販店を保護する」といった目的があるが、「現行法では不十分」という明確な根拠があいまいと弁護士。

告知されない場合も?事故物件の曖昧な境界線

告知されない場合も?事故物件の曖昧な境界線

2015-05-04

「居住者がその場で亡くなった」など問題点を抱えている事故物件。法律的に所有者に明確な規定はないが、判断は過去の裁判例を見ても画一的な水準は見出せないため、紛争予防のため「正確な事実の告知」を行うべき。

エリアを絞り込む

  • 北海道