マイベストプロ福岡

[相続]の専門家・プロ …5

福岡県の相続の専門家・コンサルタント

福岡県に事務所を構える「相続」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

福岡県×相続

フリーワードで絞込み

1~5人を表示 / 全5

この分野の専門家が書いたコラム

遺言にはどんなことを書くのか。どんなことが書けるのか。その3

法律で、遺言では「どんなことを書く」あるいは「どんなことが書ける」と決められているのかを「その1」「その2」と紹介して参りましたが、今回が最終回「その3」です。 最後なのでちょっとマニアックな事項が多いですが、...

遺言にはどんなことを書くのか。どんなことが書けるのか。その2

前回の「その1」に引き続き、法律で、遺言では「どんなことを書く」あるいは「どんなことが書ける」と決められているのかを紹介していきたい思います。  5 遺言執行者の指定とその委託  (民法1006条1項)  「遺言...

遺言にはどんなことを書くのか。どんなことが書けるのか。その1

 そもそも遺言とは、法律に基づいて、自分が亡くなった際の財産関係や親族関係を、自分で決めておく行為です。  この「行為」というのは、要は遺言書を作ることを指しているわけですけども、法律に基づかないといけないので、作...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?

シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?

2017-08-23

18歳未満の子と一人親の世帯の貧困率は54.6%と半数を超える結果に。そして、この一人親世帯の貧困率は、世界で最も高いとされています。

赤ちゃんポスト10年 問われる匿名性の是非

赤ちゃんポスト10年 問われる匿名性の是非

2017-05-25

赤ちゃんポストが設けられてから10年が経ちました。匿名性によって守られる命と,子どもが親を知る権利の確保とを,どのようにして調整すべきか,この難しい問題は未だ解決していません。

生活保護に対する誤った認識を与えかねない「なめんな」ジャンパー

生活保護に対する誤った認識を与えかねない「なめんな」ジャンパー

2017-01-31

小田原市の生活保護担当職員が,保護なめんなとプリントされたジャンパーで職務にあたっていたことが問題に。このような行為は生活保護の利用が憲法で保障された権利であることに対する誤った認識を助長しかねません。