マイベストプロ福岡

[相続]の専門家・プロ …4

福岡県の相続の専門家・プロ

福岡県に事務所を構える「相続」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

福岡県×相続

フリーワードで絞込み

1~4人を表示 / 全4

この分野の専門家が書いたコラム

プラスの財産も相続できない!連帯保証人は?(相続放棄の注意点3)

2018-05-12

 プラスの財産も相続できない!  相続放棄をすると、マイナスの財産はもちろんですが、プラスの財産も相続することはできません。 先祖代々受け継いできた財産や思い出いっぱいの実家なども、すべて、一切の財産を放棄する...

相続放棄により新たな相続人が出現!(相続放棄の注意点2)

2018-05-10

 法定相続人とその順位  亡くなった方(被相続人)の財産を引き継ぐ権利と義務を有する人が相続人です。 被相続人の配偶者は、常に相続人となるほか、被相続人の一定範囲内の血族は、法律で定められた順位によって相続...

相続放棄は撤回できない!(相続放棄の注意点1)

2018-04-27

相続放棄をされる理由は、人それぞれですが、一番多い理由は「債務超過(プラスの資産よりもマイナスの資産の方が多い)」でしょう。 遺産の相続を放棄しようとする場合は、相続放棄をしようとする人(=申述人)が、家庭裁判所...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?

シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?

2017-08-23

18歳未満の子と一人親の世帯の貧困率は54.6%と半数を超える結果に。そして、この一人親世帯の貧困率は、世界で最も高いとされています。

赤ちゃんポスト10年 問われる匿名性の是非

赤ちゃんポスト10年 問われる匿名性の是非

2017-05-25

赤ちゃんポストが設けられてから10年が経ちました。匿名性によって守られる命と,子どもが親を知る権利の確保とを,どのようにして調整すべきか,この難しい問題は未だ解決していません。

生活保護に対する誤った認識を与えかねない「なめんな」ジャンパー

生活保護に対する誤った認識を与えかねない「なめんな」ジャンパー

2017-01-31

小田原市の生活保護担当職員が,保護なめんなとプリントされたジャンパーで職務にあたっていたことが問題に。このような行為は生活保護の利用が憲法で保障された権利であることに対する誤った認識を助長しかねません。

エリアを絞り込む

  • 福岡県
  • 北九州・小倉・門司

  • 福岡・太宰府
  • 筑豊

  • 久留米・柳川・筑後

  • 福岡その他