マイベストプロ奈良

[遺産相続]の専門家・プロ …4

奈良県の遺産相続の専門家・コンサルタント

日本各地に事務所を構える「遺産相続」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

奈良県×遺産相続

フリーワードで絞込み

1~4人を表示 / 全4

川崎信吾

このプロの一番の強み
住宅ローンに関するアドバイスに強み

[奈良県/遺産相続]

司法書士、住宅ローンアドバイザーの知識と経験をもとに、地元奈良の人たちをサポート

「住宅購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物。月々の支払いに無理が生じないように努めることが第一ですが、やむを得ず無理が生じた場合は、早めに専門家に相談することが大事です。毎月の返済がつらい、...取材記事の続きを見る≫

職種
司法書士、 住宅ローンアドバイザー
専門分野
●住宅ローンに関するアドバイス●司法書士業務全般
会社/店名
かわさき司法書士事務所
所在地
奈良県北葛城郡王寺町王寺2丁目4番3号  アドレ参番館2階

小山慶祥

このプロの一番の強み
総合商社で31年間勤務の経験をもとに国際ビジネスをサポート

[奈良県/遺産相続]

総合商社に31年間勤務し、貿易実務・物流関連のノウハウが豊富。外国人の在留資格関係業務にも注力

 官公署に提出する書類の作成、同内容の相談や、提出手続を代理する行政書士。主に扱うのは、許可認可等に関する書類で、その種類は多岐にわたります。「行政書士 小山事務所」の代表・小山慶祥さんは、31年間...取材記事の続きを見る≫

職種
行政書士
専門分野
会社/店名
行政書士 小山事務所
所在地
奈良県生駒郡三郷町城山台5-4-4

泉田裕史

このプロの一番の強み
数字に強い社長様になっていただくお手伝いをしています!

[奈良県/遺産相続]

「黒字体質の会社」をつくるため全力でサポートします

 奈良県香芝市の近鉄大阪線五位堂駅前に事務所を構えるのは、泉田会計事務所です。「大阪方面からの依頼にも対応しています。フットワークを軽くして、どこにでも行けるようにしています」 と、話すのは、代...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士
専門分野
法人・個人向け税務・会計業務(記帳指導、税務調査立会い、決算業務、各種申告書作成など)相続・贈与...
会社/店名
泉田会計事務所
所在地
奈良県香芝市すみれ野1-13-5

上北洋介

このプロの一番の強み

[奈良県/遺産相続]

本人と家族の安心を第一に、相続の将来設計をお手伝い

 「相続税がかかるほどの財産はない、子どもたちの仲は良好……などの理由で、相続に興味を持たない方もいらっしゃいます。ところが司法統計では、遺産分割が調停などのトラブルに発展する確率は、財産の額とは比...取材記事の続きを見る≫

職種
司法書士
専門分野
遺言・相続手続および成年後見の申立など
会社/店名
司法書士法人SEALS奈良オフィス
所在地
奈良県奈良市学園朝日町6-17  シティーパレス学園前207号

この分野の専門家が書いたコラム

こどもみらい住宅支援事業

こどもみらい住宅支援事業とは、子育て世帯や若者夫婦世帯が高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や一定のリフォームをした際に補助金の交付が受けられる制度です。(こどもみらい住宅事業者への発注が対象) 対象者 子育て世...

相続登記の義務化

2022-05-13

相続税

不動産登記は、不動産に関する権利関係を公示するための制度です。 したがって、所有者に移動があった場合には、速やかに所有権の移転の登記がされ、 最新の情報に更新されるのが理想的です。しかし、この登記は任意とされていま...

暦年贈与がなくなる?

2021-09-15

相続税

令和3年度税制改正大綱の基本的考え方に、 「資産移転の時期の選択に中立的な相続税•贈与税に向けた検討」という題目で現在の相続税と贈与税の課税方式について、「相続税と贈与税をより一体的に捉えて課税する観点から、現行の...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

親の財産にかかる税金、死後の相続手続きをスムーズにするための準備とは

親の財産にかかる税金、死後の相続手続きをスムーズにするための準備とは

2018-04-10

相続税 贈与税

相続が発生すると、一般的には相続財産を相続人で遺産分割協議を経て分割しますが、相続にまつわる税金や手続きはどうなるのでしょうか?

ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!

ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!

2018-01-19

所得税 計算

すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?

なぜ新聞に消費税の軽減税率が適用されるのか?

なぜ新聞に消費税の軽減税率が適用されるのか?

2017-11-28

平成31年10月の消費税10%引き上げ時に消費税に軽減税率が導入され、飲食品のほかに日刊紙に軽減税率(8%)が適用されることになっています。

奈良県のよく見られている地域から遺産相続の専門家を探す

エリアを絞り込む

  • 奈良県

主要なエリア