マイベストプロ徳島

[遺産相続]の専門家・プロ …5

徳島県の遺産相続の専門家・コンサルタント

日本各地に事務所を構える「遺産相続」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

徳島県×遺産相続

フリーワードで絞込み

1~5人を表示 / 全5

小笠原哲二

このプロの一番の強み
相続・財産管理・終活を総合的にサポート! 老後の不安解消へ

[徳島県/遺産相続]

専門分野の垣根を越えて、相続・財産管理・終活を総合的にサポート!

 司法書士であり、行政書士・ファイナンシャルプランナーの資格を持つ小笠原哲二さんの元には、日々、相続や財産管理などの相談に多くの人が訪れます。65歳以上が21%を超える超高齢者社会に突入し、相続や財産...取材記事の続きを見る≫

職種
司法書士、 ファイナンシャルプランナー、 行政書士
専門分野
様々な分野の知識を活かしての登記業務
会社/店名
司法書士法人 小笠原合同事務所
所在地
徳島県徳島市東大工町1-19

尾崎大

このプロの一番の強み
相続セミナーは延べ人数1,000人を越える実績

[徳島県/遺産相続]

相続を経験しているからこそできる、親身に寄り添ったサポート

尾崎さんが所属する『税理士法人 徳島』は、徳島県庁より南に自動車で約3分ほどの好立地にあります。ファイナンシャルプランナーとして活動する尾崎さんは、同事務所7名の税理士の他、連携先の弁護士や司法書士...取材記事の続きを見る≫

職種
ファイナンシャルプランナー
専門分野
相続に関する相談、セミナーの開催
会社/店名
税理士法人 徳島
所在地
徳島県徳島市昭和町8丁目46-20

山本啓司

このプロの一番の強み
様々なジャンルの相談に応じ、いちばん身近な弁護士を目指します

[徳島県/遺産相続]

目指すのは、誰からも頼られる「街の弁護士」

 徳島市内を南北に走る、徳島の交通の大動脈・国道11号。昼夜を問わず車が行き交うその賑やかな道路に面したビルにオフィスを構える『城東法律事務所』は、交通事故や負債、相続など、法律に関する問題に広く携...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
ジャンルを問わない問題解決
会社/店名
城東法律事務所
所在地
徳島県徳島市南常三島町1-4-1  グランヴィア常三島東館1階

西拓也

このプロの一番の強み
話しやすい環境、若さを武器にした気軽な相談相手

[徳島県/遺産相続]

すべては相談者のために。悩みをゆっくりと聞かせてください

 徳島の交通の要・国道192号線から少し入った場所の、テナントの2階に『徳島みらい法律事務所』はあります。法律事務所内といえば、どこか事務的で冷たい印象の空間を思い浮かべがちですが、『徳島みらい法律事...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
離婚・少年事件・犯罪被害者・交通事故・相続・借金の各問題解決。
会社/店名
徳島みらい法律事務所
所在地
徳島県吉野川市鴨島町鴨島280  昌栄ビル2階

尾山道郎

このプロの一番の強み
人生のバランスに気を配ったお金のアドバイス

[徳島県/遺産相続]

バランスのとれた幸せな人生を一人でも多くに

 小さな子どもを持つ世帯の方なら、「はこいろ」という施設名を聞いたことがあるかもしれません。新町川沿いの穏やかな風景の中、時間を気にせずゆったり過ごせるこの親子カフェは、休日のみならず平日でも小さ...取材記事の続きを見る≫

職種
ファイナンシャルプランナー
専門分野
資産形成、住宅ローン(新規・借換)、保険(生命・損害)、相続対策、終活・エンディングノート、金融...
会社/店名
株式会社HACO コンサルティング事業部 haco life
所在地
徳島県徳島市万代町5−71−4   hacoオフィス内

この分野の専門家が書いたコラム

亡くなった人の保険証の返還は必要か

亡くなった人の保険証の返還は必要か

2020-06-25

相続が発生したらまず市役所に死亡届を提出します。通常、葬儀社が用紙を持っていて葬儀の打合せのときに書き方を教えてくれます。そして、葬儀社のひとが代わりに市役所に提出してくれますが、喪主等の遺族が提出することも多い...

ひとざいチャンネルで相続法改正セミナーが視聴いただけます

Youtubeひとざいチャンネルで相続法改正による介護による特別寄与料のセミナーを見ていただくことができます。 https://www.youtube.com/channel/UCuLMaMdxnuUIWSYxGd...

住宅購入時の名義人住所は新住所?

住宅購入時の名義人住所は新住所?

2019-09-02

住宅購入時の登記名義人の住所は新居の住所がベターです。 先日、法務局に申請が却下されそうなことがありました。 それは、5年前に購入した建物の住宅ローン借り換え時のことでした。 住宅購入時に登記した名義人の住所が...