マイベストプロ北海道

[書類作成]の専門家・プロ …5

北海道の書類作成の専門家・コンサルタント

日本各地に事務所を構える「書類作成」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

北海道×書類作成

フリーワードで絞込み

1~5人を表示 / 全5

宅間孝

このプロの一番の強み
最近注目されている空き家問題の解決にも親切丁寧に対応

[北海道/書類作成]

身近な相談相手となる「かかりつけ法律家」

 「司法書士事務所というと、聞いただけではピンとこない方も多いのではないでしょうか?実は司法書士は身近な法律家で、不動産や会社の登記のほか成年後見、遺言、相続、財産管理、債務整理などといった幅広い...取材記事の続きを見る≫

職種
司法書士
専門分野
会社/店名
宅間孝司法書士事務所
所在地
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目4番35-710号  新札幌駅前ハイツ

金田剛

このプロの一番の強み
司法書士と土地家屋調査士のW資格だからワンストップでサポート

[北海道/書類作成]

突然の不動産登記、相続もワンストップでスピーディーに対応!遠方の方もお任せください

 相続や不動産取引では名義変更が必要なため、「司法書士さんにお願いしよう」と考える人は多いでしょう。実は登記は、所有者の情報を記載する「権利登記」と、不動産の物理的な情報を記載する「表示登記」の2つ...取材記事の続きを見る≫

職種
司法書士
専門分野
● 不動産登記● 商業登記● 相続● 遺言
会社/店名
司法書士法人・土地家屋調査士 金田剛事務所
所在地
北海道釧路市緑ヶ岡1丁目6番8号

伊藤一彦

このプロの一番の強み
FP+行政書士資格で、幅広く専門的な知識による提案力に強み

[北海道/書類作成]

専門的な知識と資格によって相続に関する幅広いアドバイス

唐突かもしれませんが、人は誰もがいつかは死を迎えます。一人で生きているわけではないので、亡くなった後には相続という問題がついてまわります。ご自身の相続、親族からの相続とケースはいろいろで、各人各様...取材記事の続きを見る≫

職種
行政書士・ファイナンシャルプランナー
専門分野
◆相続手続き/対策立案◆遺言作成◆ 遺言信託(遺言書の保管・執行)◆ 死後事務委任・尊厳死宣言◆資産...
会社/店名
行政書士・FP いとう事務所
所在地
北海道札幌市中央区北1条西15丁目1-3  大通ハイム508

日影恒次

このプロの一番の強み
入国から入国後のあらゆる問題に対応する総合アドバイザー

[北海道/書類作成]

豊富な経験、知識、知恵、実績を持つ行政書士事務所がお客さまの一番身近なアドバイザーに

 アーバン国際法務事務所の日影恒次代表に、事務所の業務内容についてお聞きしました。 「第一の業務は、官公署に提出するさまざまな書類を代行して作成し、申請手続きをする仕事です。申請書には、『一般旅券...取材記事の続きを見る≫

職種
行政書士
専門分野
● ビザ・永住・帰化申請● 会社法務一般● 建設業・宅建業許可業務
会社/店名
行政書士 アーバン国際法務事務所
所在地
北海道札幌市中央区北4条西4丁目1番地  ニュー札幌ビル8階

渋谷靖彦

このプロの一番の強み
親族関係が複雑な案件や緊急性の高い案件も的確かつ迅速に処理

[北海道/書類作成]

遺言書の作成や相続に関する問題を親身にサポート

 遺言書という言葉を聞くと、「お金持ちや地位の高い人が作るもの」というイメージがあり、「自分には関係ない」と思われる方が多いのではないでしょうか。「でも、それは大きな誤解です。資産の多い少ないにか...取材記事の続きを見る≫

職種
行政書士
専門分野
● 遺言書作成・相続手続き支援
会社/店名
行政書士シブタニ事務所
所在地
北海道札幌市厚別区 厚別中央二条5丁目2番25号  六興ビル609号室

この分野の専門家が書いたコラム

本当に預けて安心?法務局の自筆証書遺言保管制度-part 1

 ポイントその1:法務局が預かったからといって、その遺言内容が確実に実現できるとは限りません   法務局における自筆証書遺言保管制度創設の趣旨  自筆証書遺言は、自書能力さえ備わっていれば他人の力を借りることなくど...

新型コロナウイルスの影響-マンション管理組合等の通常総会の開催時期

 ポイント⇒前年の総会の開催から1年以内に総会を開催できない状況にある場合は、その状況が解消された後、本年中に総会を招集し、その総会において必要な報告をすればよい。  新型コロナウイルス感染症の影響により、管理者が...

新型コロナウイルスの影響-賃貸借契約の考え方

 ポイント⇒賃貸借契約の解除は、信頼関係の破壊が要件。賃料不払いだけでは認められないケースも。  「テナント家賃の支払いを支援する制度について」と題する資料が経済産業省のホームページに掲載されています。 経済産業省...