マイベストプロ広島
  1. 『中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)について』
石田雄二

会社設立と銀行融資のプロ

石田雄二(いしだゆうじ) / 税理士

石田雄二税理士事務所

コラム

『中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)について』

2019年11月5日

テーマ:銀行融資・補助金

コラムカテゴリ:ビジネス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)について』
 …中途採用をお考えの方はご検討ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)」は、中途採
用者の雇用管理制度を整備し、中途採用の拡大(中途採用率を
向上させること、または45歳以上の者を初めて採用すること)
を図った場合に支給されるものです。
中途採用をお考えの方はご検討ください。

概要をみておきましょう。

■対象労働者
次のいずれにも該当する労働者が対象です。
(1)申請事業主に、中途採用により雇い入れられた者。
(2)雇用保険の一般被保険者または高年齢被保険者として雇
   い入れられた者。
(3)期間の定めのない労働者(パートタイム労働者を除く)
   として雇い入れられた者。

■支給要件
以下の全ての措置をとることが要件となります。
1.中途採用計画の策定
次の要件を満たす中途採用計画を作成して、管轄の労働局に提
出する必要があります。
(1)中途採用者の雇用管理制度(募集・採用を除く、労働時
   間・休日、雇用契約期間、評価・処遇制度、福利厚生な
   ど)を整備すること。
(2)中途採用計画期間内の中途採用の拡大について、採用の
   予定職種、予定者数、予定時期等を定めて計画すること。
※計画期間は、中途採用率の向上を図る場合は1年間、45歳
以上の者の初採用に取り組む場合は1年以下で申請事業主が定
める期間になります。

2.中途採用計画の実施
計画に基づき、次のいずれかの措置を実施する必要があります。
(1)計画期間より前の中途採用率が50%未満の事業所が、
   計画期間内に中途採用率を20ポイント以上向上させる
   こと。
(2)計画期間内に45歳以上の者を初めて中途採用すること。

■支給額
次の金額が支給されます。
※計画期間の初日が属する会計年度の前年度と3年度後を比較
して、生産性が6%以上向上している場合は( )内の金額が
追加支給されます。

・中途採用率の拡大を図った場合
50万円(25万円)

・45歳以上の者を初めて採用した場合
60万円または70万円(30万円)
※60歳以上の場合に70万円になります。

詳しい内容は厚生労働省のホームページをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000160737_00001.html

この記事を書いたプロ

石田雄二

会社設立と銀行融資のプロ

石田雄二(石田雄二税理士事務所)

Share
関連するコラム

石田雄二プロのコンテンツ