まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
小野修介

オンリーワンのデザインと満足度の高い価格を実現したジュエリーのプロ

小野修介(おのしゅうすけ)

宝石専門店 小野指環店

コラム

ダイヤモンド・4Cのクラリティ

2014年5月17日 / 2014年6月28日更新

ダイヤモンド・4Cのクラリティ
■クラリティ(Clarity)⇒明澄度の等級。磨かれたダイヤを専門家が10倍に拡大して検査し内包物の有無、位置、大きさ性質、数、色を総合的に判断して11段階に分類します。

熟練した専門家が検査した場合で、一般の人が僅かな違いを見極める事は困難です。
『クラリティのグレードをどこに設定したらよいか?』と質問されますが、難しい問題ですね。グレーディングは10倍のルーペで専門家が行うと云う事がポイントと考えます。
基本はお客様が
●クラリティをどの程度理解なされておられるのか
●クラリティに関してどの様なこだわりをお持ちか
●どんなダイヤジュエリー(リング、ペンダント、ブレス、イヤリング、ピアス、ブローチ、タイバー、タイタック等々)をご希望か 
を質問させていただくことから始めてみます。その上で、ダイヤ研究家のお考えや私の経験を申し上げます。それから、クラリティをお決め頂いております。

11段階を簡単に説明しますが、先に述べました通り、熟練した専門家が検査した場合での評価であります。しかも複数で行います。
◎FL(フローレス) 10倍のルーペで内部・外部に欠陥が発見できない。
◎IF(インターナリーフローレス) 10倍のルーペで内部に欠陥が発見できない。外部に極微小な欠陥が発見できる。
◎VVS1 内部、外部に10倍のルーペで微小な欠陥が発見できる。
◎VVS2 VVS1に比べ欠陥が大きい。
◎VS1 10倍のルーペで小さな欠陥が発見できる。
◎VS2 VS1に比べ欠陥が大きい。
◎SI1 10倍のルーペで用意に発見できる欠陥がある。
◎SI2 SI1に比べ欠陥が多く、肉眼でも発見できる。
◎I1 10倍のルーペを使わずに肉眼で発見できる欠陥がある。
◎I2 I1に比べ欠陥が多い。
◎I3 I2に比べ欠陥が多い。これ以下は、宝石用としてではなく、工業用として使われる場合が多い。

鑑定書を正しく、理解することが大切だと思います。

この記事を書いたプロ

小野修介

小野修介(おのしゅうすけ)

小野修介プロのその他のコンテンツ

Share

小野修介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0237-84-2927

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小野修介

宝石専門店 小野指環店

担当小野修介(おのしゅうすけ)

地図・アクセス

小野修介のソーシャルメディア

rss
rss
2018-05-26
facebook
facebook

小野修介プロのその他のコンテンツ